5月ももうすぐ終わりですが、日本2大スポーツのサッカーと野球。
Jリーグとプロ野球。この2つも開幕2ヶ月が過ぎました。
今年のJリーグとプロ野球。
関西のチームが良い位置につけています。

【Jリーグ】ガンバ大阪・セレッソ大阪

J1で大阪をホームとしてるこの2チーム。
5月の試合を終えてこの2チームはなかなか好調ですね!
ガンバ大阪は、7勝4分1敗で現在2位となっています。
負け数はわずか1つとJ1で最小の負け数です。
失点数もわずか9失点でリーグ最少。得点数はリーグ2位の26点と攻守共にリーグ上位とバランス良いチームの仕上りですね!

そのガンバ大阪の下の3位なのがセレッソ大阪です。
今シーズンはJ2からの昇格組ですが、現在好調です。
シーズン序盤は勝ちきれず引き分けで終わる試合が多かったですが、山村選手をポジションを上げてから、急速にうまく噛み合い出しましたね。
現在リーグでは3連勝。カップ戦も含めると5連勝中です。
過去惜しい、あと一歩でリーグ優勝というシーズンを何回か過ごしています。
同じ大阪のガンバ大阪に遅れを取っている成績ですが、今年は悲願のリーグ優勝となるでしょうか。

【プロ野球】阪神タイガース

昨年4位と沈んだ阪神タイガース。
超変革をキャッチフレーズに、若手を多く試した昨シーズンでした。
今年は【挑む】をキャッチフレーズに、FAで補強した糸井選手。ベテランに福留選手。昨シーズンの大不振から復活の鳥谷選手が、開幕からチームを引っ張り、首位を走り出しました。交流戦が始まる前の最後の試合で、首位を広島カープに奪われてしまいましたが、昨シーズンに比べると良い滑り出しでしょう。

この好調さを若手とベテランの融合と思われがちですが、若手達の成績はさほど良くないのが現状です。昨シーズン鳥谷選手からショートの座を奪った北条選手でしたが、打撃不振で現在は絶対的なレギュラーとはなっていません。
昨シーズンの新人王の高山選手もまだ好調に程遠い状態。
今年からファーストコンバートの原口選手も昨シーズン見せた姿をまだ見せれてませんね。

チームが良い順位なだけに、ここに期待の若手達が噛み合えば、本当に久々のリーグ優勝が見えてくるのではないでしょうか。
道頓堀の川を今から綺麗にしておくんやで〜

オリックス・ヴィッセル神戸

関西では他にもヴィッセル神戸にオリックスの神戸の2チームもあります。

両チームとも現在は上位ではないですが、シーズンはまだ始まったばっかりですので、頑張って関西を盛り上げていきましょう!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベスト16決定!UEFAチャンピオンズリーグ

7日、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第6節が行われ、グループステージの全日程が終…

鹿島がグループ首位浮上!川崎は3戦連続ドロー!ACL第3節

14日、アジアチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節1日目が行われた。

FIFAランキング3.4位

このワールドカップは全世界に注目されているので、ここで活躍をすれば、ビッグクラブに移籍という事も考えられます…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。