1、睡眠とは

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、筋肉を増やしたり、骨を育てたり、細胞の修復をするのに欠かせないものです。昼寝をすることで睡眠不足を補い、成長ホルモンをより分泌しやすくすることが期待できます。成長ホルモンが十分に分泌されると、肌の修復で美肌に、筋肉量の増加で代謝アップなど、美容やダイエットに役立つと言われてます。
更に、食後10分~15分の睡眠は、脂肪の代謝を促すノルアドレナリンの分泌を増やし、痩せやすい体質にしてくれる効果もあるらしいです。夜間の十分な睡眠、そして昼寝は体型を保つのに有用だと言われてます。

2、様々なお昼寝効果!?

・眠気解消
・疲労回復
・病気のリスク軽減
・集中力アップ
・記憶力アップ
などの効果あると言われてます。

更に、カフェインが入っているコーヒーは眠りを妨げると思われるかもしれませんが、お昼寝前にコーヒーを摂取することは頭をクリアにしたい時にお勧めです。コーヒーにはカフェインが入っているのですが、効果が出るまで20分程度かかります。
寝入りを邪魔せず、起きる頃にちょうどカフェインの効果が発揮されますので、眠る前にコーヒーを飲むこともオススメです。

3、いかがでしたでしょうか。

昼食の後であれば、眠気を催しやすいので自然に眠ることができます。時間帯としては12時から14時くらいが良いみたいです。
普段の睡眠時間が短い人や午後の仕事の効率を上げるために試してみては!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

幼児に多い溶連菌

溶連菌感染症はなかなか辛いようです。

利尿作用があるってとっても体に良いんですよ

トイレが近くなって嫌と思っている人考え直してみたほうがいいです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。