侍ジャパン、台湾プロ野球選抜に完敗!

28日、WBCを目前に控えた侍ジャパンが台湾プロ野球選抜との壮行試合を行った。試合は、先発の則本(楽天)、牧田(西武)、増井(日ハム)の3投手が台湾代表に打ち込まれ、5-8で完敗。

侍ジャパンは、3月1日にも台湾プロ野球選抜と壮行試合を行う。

侍投手陣、17被安打8失点!台湾プロ野球選抜相手に投壊!

先発の則本(楽天)は、立ち上がりにかつてソフトバンクで投手としてプレーしていた陽耀勲らに連打を許し、無死一、三塁から王柏融にライトへ犠牲フライを打たれ、あっさりと先取点を許す。

日本は、すぐさま4番・筒香(横浜DeNA)の同点タイムリー二塁打。二回には、秋山(西武)がタイムリー内野安打で勝ち越した。

しかし、則本が3回、一死一塁から台湾最強打者と称される王柏融にバックスクリーンへ特大の逆転2ランを浴びた。

4回からマウンドに上がった2番手の牧田(西武)も、潘武雄、マイナーでプレー経験のある陳俊秀に連続二塁打を浴びて、さらに1失点。5回にも連打で作られたピンチから内野ゴロで1点を失い、二死一、二塁から台湾リーグ、陳俊秀に右中間を破る2点タイムリー二塁打を許して、2-7と大きく点差を広げられた。

3番手の増井(日本ハム)もコントロールを乱し、二死一、二塁から連続四球を与えて押し出しの1失点。

対して日本は、7回に連続四球から菊池(広島)が右中間を破る2点タイムリー三塁打。さらに無死三塁から坂本(巨人)のショートゴロの間に1点を返したが、3点差に迫るのが精一杯だった。

4番手の宮西(日ハム)が、三者連続三振を奪い、9回にストッパー登板した左腕の松井裕(楽天)のチェンジアップが効果的で、3人でピシャリと抑えるなど収穫もあったが、先発、第2先発を予定している投手陣には、調整不足という不安が残った。

関連するまとめ

ブッシュ・スタジアム

セントルイス・カージナルスの本拠地

オープン戦好成績だったチームの今どうしてる?

現在ダントツ最下位を突っ走るあのチームはオープン戦1位でした。

現監督の現役時代はどんな選手だった??

監督の現役時代はどんな選手だった??