「肉」を食べて、理想的な身体をつくろう!

ダイエットしていると肉を避けがちではないでしょうか。食事制限として、お肉を我慢してしまいそうですが、ダイエットしている時こそ、「肉」を食べた方が良いのです。

体重ばかり気にしてしまいがちなダイエットですが、大切なのは体重ではなく見た目です。体重だけ落としても、無理に体重を落としたせいでたるみがあったり、ガリガリだったり、お肌も髪もカサカサだったら、それでダイエットが成功したしても、目指していたものとは別物ではないでしょうか?

キレイに痩せて理想のカラダを目指したいなら「肉」が必要不可欠なんです。

キレイに痩せるには「たんぱく質」が必須!

体・お肌・髪の毛・血液・筋肉・骨、そのすべてを作っているのが「たんぱく質」で、摂取しないと、筋肉は衰え、ホルモンは減少し、貧血、肌や髪のパサつきなどが起こりやすくなり、体重は減っとしても、「キレイに痩せる」ことからは程遠くなってしまいます。

特に筋肉量が落ちてしまうと、基礎代謝が低下し脂肪も燃えにくくなってしまうので、逆効果。つまり、肉の重要な栄養素である「たんぱく質」が不足すると、痩せにくい体をつくる原因にもなってしまいます。

引き締まった理想の体には、程よい筋肉が必要で、体重は減ったのに、痩せた気がしないという方は、まさにそれで、脂肪ではなく筋肉が減ってしまったからかもしれません。筋肉量を減らしてしまうと、リバウンドしやすいと言われ、せっかく減らした体重も、キープをするのが難しくなってしまいます。

筋肉量を減らさず、キレイに痩せるには、お肉からの「たんぱく質」摂取が必要不可欠なんです。

もちろん「肉」選びが重要!!

とはいえ、お肉ならなんでも言い訳ではありません。お肉には、食べると太る「脂質」があるからです。つまり、「お肉=太る」ではなく、「お肉の脂質=太る」なんです。

すでにご存知の方も多いと思いますが、ダイエット中は、脂肪分の少ない「赤身のお肉」を摂取ことが大事です。赤身のお肉は太る原因となる脂質が少なく、良質なたんぱく質が豊富です。さらに「L‐カルニチン」という体脂肪を燃焼させ、たんぱく質を筋肉変えてくれる成分が多く含まれています。この成分は、肉以外の物にはほとんど含まれていません。

牛肉なら肩やもも、豚肉ならヒレやもも、鶏肉の胸やささみがおすすめです。脂身のついた牛肉や豚肉、皮のついた鶏肉は控えましょう。もしくは調理時に取り除くことで、脂質の摂取を抑えることができます。
単純に体重を減らすにではなく、健康的で適度な筋肉で引き締まった体を作ることが、理想的なダイエットと言えます。その為には、お肉から摂取する「たんぱく質」はかかせない栄養素です。選び方や調理法を知っていれば、お肉はダイエットの強い味方になってくれるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

飲むだけで、驚くべき白湯の効果とは

「白湯(さゆ)を飲むと健康にいい」という噂、最近あちこちで耳にしませんか?

にんじんを食べよう。その驚くべき効果が!?

にんじんはカレーやシチューなどの料理を始め、家庭料理では幅広く利用する機会が多い野菜ですよね。しかし、人によ…

キャベツを食べて健康になろう

キャベツに含まれている栄養とその効果をご紹介します。シャキシャキの歯ごたえとみずみずしい食感。私たちにはおな…

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。