入場料は無料!たくさん練習を見よう!

練習見学は勿論、紅白戦や練習試合は無料です。
プロ野球選手のレベルの高いプレー、真剣な様子をじっくり見る機会が得られるのもキャンプの魅力です。
テレビや新聞では伝わらない選手たちの魅力が発見できるかもしれませんよ。

選手と触れ合えやすい!

公式戦とは違い選手と触れ合える機会が多いのがキャンプです。
例えばサインが欲しくても公式戦の試合前ではピリピリしてるので、なかなか貰いにくいものですが、キャンプでは球団側がサインする時間を設けることもありますので、非常に貰いやすいのです。
また球場付近では選手たちも徒歩移動してますので、そこでも捕まえやすいのです。
巨人や阪神といった人気球団だとどうしても警備が入って難しいかもしれませんが、比較的入場者数の少ない球団だと貰える確率は高くなりますので、そこを狙ってみても良いかもしれません。

キャンプ地のはしごがしやすい

かつては、高知や鹿児島、宮古島はてまたグアムなど、各地に散らばっていた各球団のキャンプ地ですが、近年では一県に集中傾向にあります。その県とは沖縄と宮崎です。

2017年のキャンプの予定では、沖縄だと本島でキャンプを構えている球団が中日、阪神、DeNA、日本ハム(二次)、ヤクルト、巨人(二次)広島(二次)。宮崎はソフトバンク、オリックス、広島(一次)、西武、巨人(一次)となってます。
このように一極集中型になっていることによって、ファンがはしごでキャンプ地を巡る事ができるのです。
各球団の雰囲気の違いを比較するのも面白いでしょう。

新戦力チェックをするのに最高の機会

ここからは玄人的な楽しみ方です。
テレビや新聞で伝わらない選手たちのプレーが見れるということは、まだ見ぬ新戦力の状態を把握したり、無名の若手選手の動きを見れ、今シーズンブレイクするかしないか予想できるのも魅力です。
特に新外国人選手は情報がない分、自分の目で確かめるとより、その期待値を計ることができるのではないでしょうか?

ツアーに参加してみよう。

いかがでしたでしょうか?
これらがキャンプを巡る魅力です。
近年では、球団や自治体や旅行会社がキャンプ地巡りのツアーを企画したりしてますので、初心者はまずツアーに参加するのも良いのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.24 〜交流戦5割!勝率も5割へ?!オリックス戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1流への道を歩んだ個性的な打法

個性があってこそ一流を産む、そんな球史に残る打法をご紹介します

プロ前哨戦!明治神宮野球大会出場の大学11校が決定!!

2日、関東地区大学野球選手権大会の準決勝が行われ、決勝に勝ち進んだ2校が明治神宮大会の出場権を獲得。これで大…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。