冬に太りやすくなってしまう原因とは

12月に入りより一層寒さが増してきました。みなさんの身体は冷え切ってませんか?
特に冷え込みが激しくなる12月に入ってからは身体が冷えることが多くなりますよね。
身体がすぐに温まらない原因は人それぞれですが、寒くなると基本的に運動量が減ってきます。
運動する機会が減ることで身体が温まらない方、血液の循環が悪くなり特に女性に多く見られる冷え性になってしまう方、更に追い打ちを掛けるように、この12月はイベントが多く食生活が乱れてしまう方も多いのではないでしょうか。

実は冬太りは『冷え』がポイントなのです。
身体が冷える、また肌の表面をさわって冷たいと感じると、血液の流れが悪く末端まで血流がよく流れていない証拠です。
その結果、老廃物が排出されにくくなり、むくみが発生。このむくみが発生すると筋肉が硬くなりやすく、贅肉が付きやすくなってしますのです。
これこそがまさに冬に太る原因です。
しかし冬は太るからしょうがない!と諦めるのはまだまだ早いです。

身体を温めることのメリット①

冬太りを起こしてしまう一方で、実は冬は自然と身体を温めようとするためにエネルギーが消費されやすい季節でもあるのです。
こたつや温かい部屋で過ごすのも良いですが、冬こそ外出して運動することで運動の効率を上げることが出来きます。

しかし慣れない運動を急に行うと、ついつい長続きせずに三日坊主になってしまいますよね。
そこでまずはいつもの生活習慣の中に少しづつ運動を取り入れるようにしてみてください。
例えばいつもはエレベーター、エスカレーターを使っている所では階段を使うなど、なるべく多く歩くようにするだけでも体温が1℃程度はアップします。
そんなことを言ったって寒いから動きたくない、外出したくない…。よく分かります、その気持ち。

そんな時は一日の冷え切った身体を半身浴でしっかりと温め、その後、ゆっくりと深い呼吸をしながらストレッチをするようにしてください。
これを続けるだけでも身体の血流の循環が良くなり、むくみや冷え性の改善にも繋がるのです。

身体を温めることのメリット②

運動することも重要ですが、12月はイベントでお酒などを普段よりも多く摂取する、という方も多いのではないでしょうか。
そのまま放っておくと冷え、むくみ、冬太りと悪循環を起こしてしまいます。
そこで今が旬の食材で身体を中から温める食事を心掛けましょう。

夕食はイベントで外食が多くなってしまう、という方でも朝食、昼食だけは食事のバランスを整えるように心がけてみましょう。
とは言っても冬の旬の食材を全部覚えるのはなかなか面倒ですよね。
実は食材による温活の際には冬の食材を全て覚えていなくても、5つのポイントだけを押さえておけば、ばっちりなのです。
そのポイントとは、
①冬になって食材売り場でよく見かけるようになったもの(=冬が旬の食材)
②主に寒い地域で収穫されるもの
③色の濃い食材
④地下で実り、エネルギーを蓄えた食材
⑤どんな食材も温めて食べる
というもの。

この5つポイントを押さえるだけで簡単に食べ物からの温活が出来るのです。
この冬は脱冬太りを目指して運動に加え、食事でも身体を中から温めてみませんか?

関連するまとめ

冬の肌トラブル!「乾燥肌」対策にオススメの食材とは

「乾燥肌」対策には、体の内側から働きかけることも大切で、食べる物も重要になってきます。冬の乾燥肌対策にはどの…

野沢菜の栄養と効果をご存じですか?

野沢菜というと漬物を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今回は野沢菜の栄養と効果についてまとめました。

疲労をためず、血流をよくしよう!肩こりや腰痛予防に効く栄養素とは

デスクワークの方でお悩みの方が多い肩こりや腰痛。オススメの栄養素をしっかりとって予防しましょう。

関連するキーワード