みなさんはボクシングのリングをご存知でしょうか?
あの四角い中で行うスポーツですね。
四角いのに…リング。
今回はそんなリングについて少しですが紹介したいと思います。

ボクシングのリング

ボクシングの試合が行われるリングは、英語では「ring」で、「輪」や「円形」という意味があります。

ボクシングの試合は今でこそリングの上に行われていますが、古くはリングというものは使っていませんでした。

どのようにしていたかというと、観衆がボクサーを取り囲むようにして観戦し、これが円形で輪のように取り囲んでいたことからリングと呼ばれるようになりました。

このように観衆が作った輪の中でボクサーが試合をしていたことが、ボクシングのリングの名前が四角なのにリングと呼ばれるようになった由来とされています。

ロープも設置

観衆が見やすくするためにステージのように高くしましたが、この時にボクサーがリングから落ちないようにするためにロープが張られるようになりました。

ロープを円形に張るのは難しいので、地面に4本の杭を立ててロープを張ったためリングは四角形になったというわけです。

そして、紆余曲折を経て現在の形・大きさになっています。

関連するまとめ

プロレスファン必見!『ストロングトークLIVE』でプロレスの魅力に酔いしれろ!

2016年10月28日、プロレスTODAY主催の『ストロングトークLIVE』が行われました。参加したプロレス…

横綱土俵入りの形。雲龍型に不知火型ってなんだ?

横綱土俵入り『雲龍型』『不知火型』その違いは

空手は東京オリンピックの追加種目で注目を浴びていますよね。その空手とは

空手道の魅力は、元気の良い挨拶が出来るようになったり、目上の人に対して敬語を使って話せるようになったりと色々…

関連するキーワード