みなさんはプロ野球の野球殿堂をご存じでしょうか。
少し名球会と関係がありそうですが、別物ですね。
野球殿堂するのは審判の方も殿堂入りすることが出きます。

今回はそんな日本のプロ野球界の野球殿堂入りの条件を
少しですが紹介したいと思います。

創設

◆野球殿堂 1959年創設。
日本野球の発展に大きく貢献した人たちの功績をたたえ、顕彰する。
競技者表彰(プレーヤー部門と、指導者も対象となるエキスパート部門)、審判員やアマも対象となる特別表彰があります。
選出はいずれも投票で75%以上の得票が必要。
殿堂入りした人は東京ドームにある野球殿堂博物館にレリーフが飾られなす。

条件は

【競技者表彰】

 ◆プレーヤー部門 引退後5年経過したプロ選手が対象。15年間を有資格者とする。野球報道15年以上の経験を持つ委員が投票。得票率が有効投票数の3%未満の場合は、次年度以降の候補者にはなれない。

 ◆エキスパート部門 プロの監督、コーチで退任後6カ月以上が経過しているか、引退後21年以上のプロ選手が対象。選考は殿堂入りした者と競技者表彰委員会幹事及び野球報道30年以上の委員が投票。

【特別表彰】

 対象は(1)アマの競技者で選手は引退後5年、指導者は退任後6カ月以上(2)プロ、アマの審判員で引退後6カ月以上(3)プロ、アマの組織などの発展に貢献(4)野球に関する著作物を有する者や、報道関係者としての実績がある者。選考はプロ、アマの役員や学識経験者が投票する。今回は最初の投票で当選必要数(11票)を満たす候補者がおらず、表彰委員会規定第26条により得票上位3人に限定した再投票を行い決定した。

2024年は

野球殿堂博物館は2024年1月18日、今年の殿堂入りメンバーを発表し、元横浜(現DeNA)、中日捕手の谷繁元信氏、元広島投手で現在は球団アドバイザーの黒田博樹氏がプレーヤー表彰で、元審判員の谷村友一氏(故人)が特別表彰で選ばれた。エキスパート表彰での選出はありませんでした。

プレーヤー表彰の有効投票数は354で、当選には75%の266が必要だった。両氏とも、281票(79・4%)を獲得しました。

出典:YouTube

関連するまとめ

野球から生まれた流行語Part2

野球関係で受賞した流行語まだまだあります。

コメリカ・パーク

デトロイト・タイガースの本拠地

関連するキーワード

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?