みなさんはメジャーリーグでのDFAという言葉をご存知でしょうか。
日本のプロ野球では聞かない言葉ですよね。
プロ野球ではFAという言葉は聞きます。
メジャーでは、良く聞く言葉ですが、どんな条件なのでしょうか。
今回はそんなDFAについて少しですが、
紹介したいと思います。

DFA

DFAは、Designated For Assignment の略。
球団が、選手を一時的にロースター(選手登録)から外してどこにも登録していない状態にすることです。
メジャーのロースターにもマイナーのロースターにも登録されない宙ぶらりんの状態と言えますね。

40人枠から選手を外したいときによく使われる手法。
(FAやトレードで選手を獲得したもののロースターに空きが無いときに起こります。)

DFAになった場合

一時的な措置で最大10日間。
球団は選手をDFAした後、次のいずれかの動きをとることになります。

■40人枠に戻す。
■ウェイバーにかける。(マイナーに降格させるために)
■トレードする。
■放出する。

メジャーで5年以上経験のある選手はマイナー降格を拒否する権利を持っている。球団は放出するか40人枠に戻すかいずれかを選択する。

メジャー契約とマイナー契約があるために生じる、MLBならではの契約上の分類だと言えます。注意したいのはDFAされたあともトレードされたり、マイナーに降格されたりする点。戦力外通告ではないということですね。

関連するまとめ

高校野球名門校列伝〜駒大苫小牧〜

マー君の母校駒大苫小牧をご紹介します

野球人口減少を食い止めろ!その対策案

野球人口減少を食い止めるには、プロから力を入れていかなければなりません

中村も炭谷も残留決定!!埼玉西武ライオンズの人事

炭谷銀仁朗と中村剛也が埼玉西武ライオンズに残留決定!

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集