「ドーハの悲劇」とは

先日、日本代表がドイツから大金星をあげたことで、「ドーハの歓喜」と盛り上がりました。もともと「ドーハの悲劇」という日本サッカー界に残る試合があり、この悲劇の地であったドーハを歓喜に変えたことで、生まれた言葉になりますね。

そもそも「ドーハの悲劇」とは、1993年10月、ワールドカップアメリカ大会のアジア最終予選で、日本がワールドカップ初出場をあと一歩のところで逃したことを表す言葉で、その舞台が今大会が開催されるカタールであり、その首都であるドーハだったんです。

Jリーグ元年、日本サッカーが初出場をかけたアメリカ大会の最終予選!

時を遡ること1993年。この年は5月にJリーグが開幕した年で、国内は空前のサッカーブームとなっていました。いまではW杯に出場するには当然といった日本ですが、この時はまだ日本はワールドカップに出場したことがありませんでした。

そして、舞台は1993年10月、翌年のワールドカップアメリカ大会のアジア最終予選。初出場の期待が高まる中で行われたアジア最終予選は、カタール・ドーハでの集中開催(セントラル開催)でした。最終予選に出場したのは日本のほか、サウジアラビア、韓国、イラン、イラク、北朝鮮の6チーム。1994年のアメリカ大会までは本大会に出場できるのは今の32チームより8チーム少ない24チームだったこともあり、アジアに与えられた枠はわずか「2」という狭き門だったんです。

6チームによる総当たりで行われた最終予選で、日本はイラクとの最終戦を前に首位に立ち、勝てばワールドカップ初出場が決まる大一番を迎えました。

終了間際で失ったW杯の切符

イラクとの最終戦。試合は2対1と日本が1点リードのまま、後半45分を経過し、このまま逃げ切れば、日本のW杯初出場という状況。

残り時間がほとんどない中でのイラクのコーナーキック。イラクは意表を突いたショートコーナーで、右サイドからのクロスボール。これを頭で合わせられ、土壇場で2対2の同点に追いつかれ、試合は終了。この結果により、つかみかけたワールドカップの出場権を失いました。

これが日本のサッカー史上に残る「ドーハの悲劇」と語り継がれるようになったんです。

再び、歓喜を!!

初戦でドイツに劇的な大金星をあげたものの、コスタリカに惜敗した日本代表。グループリーグ最終戦、絶対に負けられない戦いはスペイン戦となります。厳しい相手ですが、再びこの地に、そして日本に歓喜をもたらしてもらいたいですね。がんばれ、日本!!

関連するまとめ

サッカーの「プスカシュ賞」とは

先日のサッカー日本代表のコロンビア戦で、コロンビアの選手の逆転弾がプスカシュ賞ものだと話題になりましたが、プ…

あの「TV Bros.」が、「名古屋グランパス」とホームタウンをまるまる1冊でカルチ…

雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、Jリーグ「名古屋グランパス」…

各大陸のW杯予選はどうなっている?ヨーロッパ予選グループC・D

1位のみ通過。2位はプレーオフに回る過酷なヨーロッパ予選です。