埼玉県師範学校から浦和へサッカーが広がる

歴史は古く、明治の初期、現在の埼玉大学教育学部の前身のひとつでもある「埼玉県師範学校」が、教員養成施設として、今のさいたま市役所の場所に誕生しました。

1908年に、この学校に着任した教師が学生にサッカーを教え、1932年に埼玉県師範学校は、現在の全国高等学校サッカー選手権大会に初出場し、1937年には初優勝を果たしています。

その後、「埼玉県師範学校」を卒業した学生たちが、教師として着任した学校でサッカーを教えたことで、浦和を中心に埼玉県内でサッカーが盛んになったそうです。

ちなみに、浦和レッズのエンブレムのデザインのモチーフに、「埼玉県師範学校」の校舎の「鳳翔閣」が使われているそうです。

日本のサッカー界に貢献した浦和4校とは

戦後、サッカー強豪校がひしめく全国有数のサッカーの街になりました。その先駆けとなったのが「埼玉県立浦和高等学校」。これにライバルとして切磋琢磨していたのが「埼玉県立浦和西高等学校」。

その後、「浦和市立高等学校(現・さいたま市立浦和中学校・高等学校)」が台頭。このライバルとして成長したと言われる「浦和市立南高等学校(現・さいたま市立浦和南高等学校)」は、マンガ「赤き血のイレブン」のモデルとなったことでも知られています。これらの学校は浦和4校と呼ばれ、卒業生は日本のサッカー界の発展に多大な貢献を果たしています。

プロサッカーチーム「浦和レッズ」誕生!

1993年のJリーグ発足ともに「浦和レッズ」が誕生。三菱自動車工業サッカー部(1950年創部)を前身とするサッカークラブで、1991年にJリーグ加盟した10チーム(オリジナル10)の一つです。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002と浦和駒場スタジアムです。

チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し、クラブカラーである「レッド」と組合わせたものになります。

浦和に暮らす人々にとってサッカーはなくてはならない存在。浦和レッズはその象徴ともいえますね。

関連するまとめ

カタールW杯ヨーロッパ予選も残り2試合!グループJの状況は!?

来月の2試合でついに予選終了!予選突破はどの国か?プレーオフに行くのはどの国か?

カタールW杯ヨーロッパ予選も残り2試合!グループFの状況は!?

来月の2試合でついに予選終了!予選突破はどの国か?プレーオフに行くのはどの国か?

なでしこジャパン、アイスランドに勝利!アルガルベ杯 1次リーグ第2戦

アルガルベ杯グループステージ2戦目、なでしこジャパンはアイスランドに勝利した。