プロ野球ではまれに退場者が出る場合がありますね。
みなさんは退場になる理由をご存じでしょうか。
乱闘など起こると退場者が出たりもしますよね。
その他にも退場になる条件がありますね。
今回はそんなプロ野球の退場の条件を少しですが紹介したいと思います。

乱闘(暴力行為)

最近は減少しましたが、乱闘における暴力行為は退場の対象になります。

ユニフォームを掴んだり、平手で軽く小突く等の程度で退場になるケースは稀ですが、悪質な場合には退場が宣告されます。

「殴る」「蹴る」「タックル」等、相手に怪我を加える行為は基本的にアウトになります。

危険球

プロ野球では「投手の投球が打者の顔面、頭部、ヘルメット等に当たり、審判員がその投球を危険球と判断したとき、その投手は退場となる」というのが原則です。

ただし、緩い変化球のすっぽ抜けは退場とならない場合もあります。

あくまでも判断は審判に委ねられているのです。

審判への暴言・暴力・侮辱行為

審判の判定(ストライク/ボール、アウト/セーフ等)を受けて不適切な態度を取ると退場が宣告されることがあります。

あくまでも判断は審判に委ねられていますが、暴言や暴力がNGなのは理解できますよね。

最近ではバッターボックスで球筋をバットでなぞるなども、侮辱行為となり、退場になりますね。

審判の判定に異議を唱え続ける

ボール、ストライクの判定について異議を唱えるためにプレーヤーが守備位置または塁を離れたり、監督またはコーチがベンチまたはコーチスボックスを離れることは許されない。もし、宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば、試合から除かれる。

野球規則にも載っています。

関連するまとめ

King of Closer【 デニス・サファテ 】引退

球団史上最強の守護神がマウンドに別れを告げる。サファテは球団を通じて2000字を超える熱い引退メッセージを発…

背が低いプロ野球選手

背が低くても活躍している選手はたくさんいるので少し紹介したいと思います。

関連するキーワード