はじめに

福岡ソフトバンクホークスが新たに助っ人を補強しました。
昨年WBCに出場したキューバ代表のジュリスベル・グラシアル(32)の獲得を発表しました。年俸5500万円の1年契約。WBCでは巨人・菅野から本塁打を放ち、内外野を守れるという選手ですね。
とはいえ、ソフトバンクの助っ人はこれで6人目。守護神のサファテ、主砲のデスパイネをはじめ、先発のバンデンハーク、中継ぎのスアレス、モイネロら、実績のある選手が揃っている。
デスパイネが怪我した時のバックアップといったとこではないのでしょうか、昨シーズンのジェンセン選手的な役目になりそうです。
そこで日本プロ野球でおける外国人枠について紹介しますね。

外国人枠

外国人枠については日本プロフェッショナル野球協約(以下「協約」)に定めがある。

現在は、各球団は任意の数の外国人選手を支配下選手登録できる。ただし、出場選手登録(一軍登録)は4人まで、かつ投手または野手として同時に登録申請できるのはそれぞれ3人まで(協約第82条の2)。即ち、出場枠を最大まで使う場合、出場選手登録申請は「投手2人に野手2人」「投手1人に野手3人」「投手3人に野手1人」の3通りに限定される。

順調にいけば

外国人枠があることから、ホークスのベストの起用法は、
野手はデスパイネ
投手はバンデンハーク、モイネロ、サファテになりそうです。
この起用法が崩れるとしたら、グラシアル、スアレスの起用も多くなってくるでしょう。特にスアレスは昨年WBCでケガをしているので、早い復帰も待たれます。

関連するまとめ

プロ野球2018セパ両リーグタイトル決定。〜本塁打王編〜

今回は2018年プロ野球セパのタイトルを発表したいと思います。 47本塁打を放った西武の山川穂高(中部商高―…

奇跡的な勝ち上がり!夏の甲子園での旋風

夏の甲子園は、春より番狂わせ的な勝ち上がりが起こりにくいです。

オリックスの平成のドラフト1位を振り返る!平成元年〜平成10年編

5月に新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代の…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集