サッカー用語「クリーンシート」とは

サッカーで使われる「クリーンシート」とは、サッカーの試合で失点をしないことやその試合という意味になります。最後まで失点をしないことを表す言葉です。

試合の勝ち負けは関係なく、相手から得点を奪われなければ無条件でクリーンシートとなります。例え、10得点で圧勝したとしても、相手から1得点を奪われている時点でクリーンシートとは言えません。

「クリーンシート」の語源

クリーンシートの語源は「白紙」を意味する英単語 “clean sheet” です。

サッカーでは、試合の得失点を記録するシートがあり、試合で失点しなかった場合、失点の欄が白紙のままになります。そこから、「白紙」という意味の “clean sheet” が試合で失点しないことを表すようになったそうです。

クリーンシートは、サッカーの実況中継で積極的に使われるようになったことで広まりました。

「クリーンシート」の類義用語との違い

「無失点試合」や「完封試合」なども同じ意味を持ちますが、使われるスポーツ種目が異なります。

無失点試合は、さまざまなスポーツで使われる言葉で、完封試合は複数のスポーツで使われますが、野球で使われることが非常に多いです。それに対して、クリーンシートはサッカーのみで使われる言葉です。

関連するまとめ

2021年、サッカー選手の市場価値で最も上がった選手は誰?!

スペイン紙の『アス』が、2021年、サッカー界で最も大きく市場価値が上昇した選手と、逆に低下した選手を発表し…

フットサル日本代表、強豪ブラジルに惜敗!W杯ベスト8ならず

フットサル日本代表は23日、FIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021決勝トーナメント1回戦に臨む…

各大陸のW杯予選はどうなっている?ヨーロッパ予選グループE・F

わずか13ヶ国のみしか突破できないヨーロッパ予選は過酷な戦いです。