ACLの組み合わせが決定

アジアサッカー連盟(AFC)が24日に、2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせ抽選会を実施し、ついに組み合わせが決定しました。

今シーズンから秋春制に変更となるACL。日本からは昨シーズンのJ1王者の横浜F・マリノス、2位の川崎フロンターレ、天皇杯王者のヴァンフォーレ甲府、そして前回大会王者の浦和レッズがプレーオフを勝ち抜いての出場します。

40チームが参加し、東西で20チームずつにわかれ、各4チームが5つのグループに分かれ、その後のノックアウトステージには、各グループ1位の10チームと2位のうちの上位3チームが勝ち抜け、8チームずつが東西から勝ち上がることとなります。

ノックアウトステージは2024年2〜4月に開催。5月11日、18日に決勝が予定されています。

日本からは4チームが出場

J1王者として出場するマリノスはグループGに入り、山東泰山(中国)、カヤFC(フィリピン)、仁川ユナイテッド(韓国)と同居。2位の川崎フロンターレはグループIに入り、蔚山現代(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦する。なお、BGパトゥムにはタイ代表MFチャナティップが所属しており、古巣対決となります。

また、初出場となる甲府はグループHに入り、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)、メルボルン・シティ(オーストラリア)、浙江FC(中国)と同居。連覇を目指す浦和はグループJに入り、武漢三鎮(中国)、浦項スティーラース(韓国)、ハノイFC(ベトナム)と同居した。

また、西地区にはクリスティアーノ・ロナウド擁するアル・ナスル、カリム・ベンゼマらを補強したアル・イテハド、ネイマールらを補強したアル・ヒラルも参加するなど、今回のACLはより盛り上がりそうですね。

【西地区】グループA~E

グループA
パフタコール(ウズベキスタン)、アル・フェイハ(サウジアラビア)、FKアハル(トルクメニスタン)、アル・アインFC(UAE)

グループB
アル・サッド(カタール)、ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)、アル・ファイサリー(ヨルダン)、シャールジャFC(UAE)

グループC
アル・イテハド(サウジアラビア)、セパハン(イラン)、エア・フォース・クラブ(イラク)、FCアルマリク(ウズベキスタン)

グループD
アル・ヒラル(サウジアラビア)、ナサージー・マーザンダラーンFC(イラン)、ムンバイ・シティ(インド)、ナフバホール(ウズベキスタン)

グループE
ペルセポリス(イラン)、アル・ドゥハイル(カタール)、イスティクロル(タジキスタン)、アル・ナスル(サウジアラビア)

【東地区】グループF~J

グループF
全北現代モータース(韓国)、バンコク・ユナイテッド(タイ)、ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)、傑志(香港)

グループG
横浜F・マリノス(日本)、山東泰山(中国)、カヤFC(フィリピン)、仁川ユナイテッド(韓国)

グループH
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)、ヴァンフォーレ甲府(日本)、メルボルン・シティ(オーストラリア)、浙江FC(中国)

グループI
蔚山現代(韓国)、川崎フロンターレ(日本)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)

グループJ
武漢三鎮(中国)、浦項スティーラース(韓国)、ハノイFC(ベトナム)、浦和レッズ(日本)

関連するまとめ

サッカーFIFAランキング1位、2位

サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポ…

トビー・アルデルヴェイレルト:サッカーの静かなるリーダー

サッカーの世界には、華々しいスター選手が数多くいますが、その中でもトビー・アルデルヴェイレルトは特別な存在で…

関連するキーワード