プレイオフの戦いがはじまったNBA。
この度、シーズンMVPの最終候補3名の発表がありました。

最終候補3名は『ヨキッチ』『エンビード』『アデトクンボ』

最終候補3名は、
昨シーズンMVPのナゲッツのヨキッチ
今シーズン得点王のシクサーズのエンビード
昨シーズンのファイナルMVPで過去2回MVP受賞のバックスのアデトクンボ

各チームプレイオフには進出しています。
ヨキッチのナゲッツはウェスタン6位
エンビードのシクサーズはイースタン4位
アデトクンボのバックスはイースタン3位

ひと昔であればリーグ最高勝率や、カンファレンス首位のチームからも候補者が選ばれていたとは思います。
今年ですと、リーグ最高勝率の成績残したサンズから、クリスポールやデビンブッカーの名があがりそうでしたが、そうならないのが近年にMVPレースの特徴でのありますね。

出典:YouTube

MVPの栄誉は誰の手に

見た目のスタッツではなく、どれだけのチームへの影響力があるか、、、
さらにデータが細分化され、アナリスト達が色々なデータを公にして、どれだけ選手が効率的なのか、支配的なのかを、奥の奥のまで明確にしている昨今ですので、なかなか素人には予想は難しいですね。

数字をかなり追う人からするとヨキッチが相応しいという声が大きいとこありますね。
個人的に今シーズン、ベン・シモンズ問題でチームがゴタゴタとしたなかで、チームを引っ張り、ベン・シモンズとジェームス・ハーデンのトレード後に、チームが好調となり、そのなかで逆転得点王になる活躍をした、エンビードを推したいとこですが、一体誰の手にMVPを受賞する事となるでしょか。

出典:YouTube

関連するまとめ

イースタンカンファレンスのトレード統括

トレードデッドラインで上位チームが一気に動いたイースタンカンファレンス。 上位チームが接戦している中で、さら…

関連するキーワード