最近はコンビニでもタンパク質が簡単に摂れますね。
昔はタンパク質を摂る為には美味しくないプロテインを
飲んだりしていましたね。
今のプロテインやタンパク質を含む食品などは、美味しくなっていますね。
今回はそんなタンパク質について少しですが、紹介したいと思います。

1日に必要なタンパク質

1日に必要なタンパク質は、料理に使用する食材によって異なりますが、一般的に「体重×1.0g」を目安にするといいとされています。しかし、活動量はそれぞれの生活スタイルによって違うため、人それぞれ必要なタンパク質の量は変化します。活動量が少ない人と多い人で、細かな数値が変わるので下の数値を参考にしてください。

・ほとんど動かない、活動量が少ない人…「体重×0.8g前後」
・運動などをしていて活動量が多い人…「体重×1.2〜2.0g」

運動をしているからとタンパク質を必要以上に取っても、筋肉が大きくなったりスポーツのパフォーマンスが上がったりするわけではありません。しっかり1日3食に分けて、自分の活動量に見合うタンパク質必要量を摂取することが大切ですね。

1回で摂りすぎない

タンパク質の1日の目安を1食で摂れば楽だと感じるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。

なぜなら、まとめてタンパク質を摂取しようとすると栄養の吸収が追いつかず、タンパク質が余分に余ってしまう原因になります。

そのため、1食分の摂取量にも気をつけながら取り入れてみてください。

過剰摂取に注意

タンパク質を過剰に摂取すると、却って体に悪影響を及ぼす可能性があります。

体の中で余ったタンパク質は脂肪に変えられてしまうため、逆に太る原因になったり、悪玉菌のエサになり腸内環境の乱れに繋がることもあります。

そのため、タンパク質を摂取する際は1日の目安量を超えないように気をつけましょう。

関連するまとめ

やりすぎは禁物!オーバーワークで生じるデメリット

やり過ぎはデメリットを生じることも理解しておこう。

坂道ダッシュの3つのメリット

メリットを理解しながらトレーニングすればモチベーションもアップしますよ

EMSトレーニング・ギア『SIXPAD』から、フィットネスのための新シリーズ第2弾発…

株式会社MTGは、家庭用EMSトレーニング・ギア「SIXPAD(シックスパッド)」から、フィットネスのための…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集