NBAオールスターまで1ヶ月を切りました。
ファン投票の中間発表も何回かありましたね。常連から初出場を狙う選手の名前もあがっています。

今回は狭き門のNBAオールスターに初出場出来そうな選手を少し紹介していきたいと思います。

ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)

2019年ドラフト1巡目2位でグリズリーズから指名され新人王獲得。
今シーズンが3年目のポイントガードです。

最新の第3回途中経過で、ウェスタン・カンファレンスのガード部門で見事2位となっており、このまま2位となれば初出場でスターターの名誉も得られます。

個人成績だけではなく、勝負強さ・豪快なプレイでファンを盛り上げています。
決して大きくないマーケットでもあるメンフィスで、ファン投票2位となってるのがそれを証明しているでしょうか。

もはやオールスターに選ばれるかどうかといより、NBAトップのポイントガードなのかという議論に値する選手かもわかりません。



【NBA】次世代No.1PGジャモラントが乗り越えて来た壁。彼はどのように過小評価を覆してきたのか。Grit & Grindの精神とは。 - YouTube

出典:YouTube

ジャレッド・アレン(クリーブランド・キャバリアーズ)

2017年ドラフト1巡目22位で、ブルックリン・ネッツに指名。
2年目からセンターのスタメンを掴み、メキメキと力をつけてきたところ、4年目シーズン途中に、キャバリアーズへトレード。
今シーズン予想を上回る成績をあげているキャバリアーズの主力となっています。

若手が多いキャバリアーズなので、他にもオールスター初出場狙えそうな選手はいましたが、ポジションなどを考慮して、今回はアレンをチョイスしました。

得点とリバウンドでダブルダブルの成績を残して、チームも予想以上の好成績でプレイオフを狙える状況を加味すると、選ばれる可能性も高いのはないでしょうか。

【守護神アフロ】ジャレット・アレンが23得点・18リバウンド・5ブロックと攻守で躍動|NBAハイライト(2021/2/2)【NBA Rakuten】 - YouTube

出典:YouTube

関連するまとめ

シーズン残り1ヶ月!プレイオフ争いはどうなっている〜イースタンカンファレンス編〜

NBAシーズンもついに残り1ヶ月を切りました。 プレイオフに出場出来る8チームはどこになるか。 もうほぼ確定…

【NBA】オフのトレードの効果は如何に!~ポール・ジョージ編~

今シーズンが始まるまでに行われてスター選手のトレードの効果はどうだったのか。

世界への切符をつかめ!3人制バスケの国内最大級オープントーナメント3x3.EXE T…

国内最大級のオープントーナメントの3x3.EXE TOURNAMENTの2018-2019。遂に最終決戦のJ…

関連するキーワード