理想的なスタイルのカギを握る「成長ホルモン」

理想のスタイルを目指すために、多くの方が体重を減らすことを意識していますが、トレーニングせずに体重を減らすと筋肉の量も減ってしまいます。これだと健康的とは言えません。トレーニングで脂肪を減らし、筋肉を増やせば、より引き締まってみえます。体重を減らすことにこだわるよりも、代謝をアップしさせて脂肪を減らし、筋肉を増やしましょう。そのためには「成長ホルモン」がカギを握るようです。

そもそも「成長ホルモン」とは

「成長ホルモン」はその名の通り、成長に関わるホルモンで、“身長を伸ばすホルモン”として知られています。この成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があり、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きがあります。これを「代謝」といいます。私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。成長ホルモンが分泌されると、基礎代謝が上がるため、太りにくい体質になるのだそうです。

代謝を上げて筋肉を増やす!「成長ホルモン」を分泌するには、、、

この「成長ホルモン」を利用して、代謝を上げて筋肉を増やすことは、意外と難しくないそうです。成長ホルモンの分泌を促すためのポイントは「筋肉を十分働かせるトレーニング」になります。体に負荷をかけて疲労物質である乳酸を発生させると、成長ホルモンが分泌されやすいそうです。

難しく考えず、早足などでも良いそうです。走る一歩手前くらいの早さで歩くことで、走るときには使われない筋肉を使うので、エネルギーを消費することが出来るのだそうです。また、椅子に腰をかける際、ゆ~っくりお尻を下げていき、椅子に着地するギリギリでそのまま10秒キープする「空気イス」なども効果的があります。短い時間で体に負荷をかけられるので、忙しい人やズボラな人も続けやすいはず。週1~2回取り入れるだけでも、効果が期待できるそうなので、こまめに取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春菊の栄養と効果。

春菊はキク科の植物で、菊の葉のような切込みが入っているのが特徴のです。今回は春菊の栄養と効果を紹介します。

お昼ご飯を食べたら「昼寝」!実践したくなるその効果とは

お昼ご飯の後は眠くなりますよね。そこで「昼寝」をすると、午後の仕事の効率が上がるそうです。その効率的な「昼寝…

煮付けからサラダまで様々な所で目にするカボチャ。どんな効果があるのでしょうか。

煮物としてはもちろん、スープやデザートなんかにも登場しますね。最近ではハロウィンイベントでも人気で、ハロウィ…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。