筋トレ前に筋肉を温めることを意識する「動的ストレッチ」

反復や反動をつける動作がメインとなる「動的ストレッチ」は、筋肉を温めるのに適しており、筋トレ前のウォーミングアップにオススメです。

筋肉を温めることで期待できる主な効果は、交感神経を活発にする、筋肉を柔軟にして身体を動かしやすくする、関節の可動域拡大になります。

交感神経が優位になり活発化する

自律神経には交感神経と副交感神経の2つが存在し、動的ストレッチは交感神経を活発化させます。

交感神経が活発化して優位になると筋肉は緊張状態を保つようになり、反応速度が上がります。さらに、血流が促進されて筋肉へ新鮮な酸素を多く供給される状態に。筋肉の活性化に酸素は欠かせないので、酸素がたくさん取り入れられることでパフォーマンスの良い動作が可能になります。

筋トレで正しいやり方を心がけているのに思うほど効果が上がらないのであれば、交感神経の活発化が不十分なのかも。動的ストレッチで交感神経の働きを上げてから筋トレに取り組んでみましょう。

身体を動かしやすくなり怪我予防ができる

身体が冷えた状態は筋肉が硬直状態にあります。この状態での筋トレは身体を無理に動かすことになるので、怪我をするリスクが高まる可能性も。

動的ストレッチで筋肉を柔らかくすると、トレーニング中に筋肉へかかる負荷をしっかりと受け止められるようになります。関節を痛めにくくし、肉離れなどの重大な怪我を予防できますよ。

身体を鍛えるために過大な負荷をかける筋トレだからこそ、安全のためにも動的ストレッチで準備運動するようにしましょう。

可動域が広がり運動のパフォーマンスが上がる

ウォーミングアップできていない状態の筋肉は硬く、十分に伸縮できないため関節を上手く使うことができません。

動的ストレッチで筋肉を柔らかくすれば本来可能な動きを取り戻し、関節の可動域が広がります。しっかり体が動くようになるので、筋トレのパフォーマンスが格段に向上しますよ。

身体を動かしにくいと感じたり、難しく感じたりする種目がある方は、筋トレ前に動的ストレッチをしてコンディションを整えてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春の不調をスパイスで撃退!「スパイス白湯」

春の不調に悩まれている方々に「スパイス白湯」が話題になっています。

鰈の力

カレイは、カレイ科の魚の総称です。カレイには20ほどの種類があり、マコガレイ、マガレイ、子持ちカレイなどが有…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。