みなさんはスカッシュと言う競技をご存知でしょうか?
インドアでボールを打ち合うイメージでしょうか?
知らない方はまったく知らないマイナースポーツの1つですね。
スポーツクラブにはスカッシュコートが設置されているところもありますね。
老若男女の方にも楽しめるスポーツの1つです。

ここ数年はオリンピックの新種目候補の一つとして必ず名前があがる競技です。
東京オリンピックでは採用されませんでしたが、必ず新競技として採用される日が来ると私は思っています。
今回はそんなスカッシュについて少しですが紹介したいと思います。

スカッシュの発祥

スカッシュはイギリスはロンドンで生まれたインドアラケットスポーツです。2名(ダブルスは4名)で4面を壁で囲まれたコートの中で、小さい、中が空洞のゴムボールを交互に打ち合います。

スカッシュは185 の国で約2000 万人がプレーしています。(世界スカッシュ連盟発表)それは年齢や性別を問わず、用具も少なくて安く、コートが有ればすぐに楽しめるスポーツだからです。コートは9.75mの長さと6.40mの幅の約18 坪と広すぎず、ボールがどこに行っても気軽に取れる範囲です。プレーヤーそれぞれの力量に合ったスピードで楽しめるので、小学生から年配者まで、生涯スポーツとして続けられます。

日本では、学生の大会も盛んになり全日本学生スカッシュ選手権大会、関東学生スカッシュ選手権大会などが実施されています。全日本学生スカッシュ選手権大会団体戦学校対抗戦は40回(2013年度)を数える歴史のある大会です。

スカッシュのルール

正式な試合は、1ゲームを11点先取とし(10-10になったときは2点差がつくまで続ける)、これを5ゲーム行う方式(3ゲーム先取で勝利)。サーブ権に関係なく、ラリーに勝てばポイントが取れる(ラリーポイント制)。

このほか、3ゲーム行う方式(2ゲーム先取で勝利)、1ゲームを15点先取や9点先取とする方式もある。9点先取の方式では、サーブ権がある時にラリーに勝った時のみにポイントが取れる(ハンドアウト制)。レシーバ側がラリーに勝った場合は、サーブ権のみが移動。

まとめ

球技はルールを知らなくても見ているとなんとなくわかってくる競技で、見ていると面白くなってくるものです。
スカッシュはスピード感もあるので、見れば絶対に面白いので、オリンピックの新種目として選ばれる日を待っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

燃焼をサポートする、運動前のストレッチ法!

運動では筋肉を酷使します。 運動中に筋肉のトラブルを引き起こさないためにも、運動前にはきちんとしたストレッチ…

プロテインの種類のまとめ

少しトレーニングにも慣れて、気になり始めたプロテイン。 スポーツショップに行ってはみたものの、種類が多くて迷…

マラソンの効果的なトレーニング方法

今まであまり走ったことがない、あるいは体力に自信がなくて走るとすぐ息切れをするといった初級者がいきなり無理な…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。