ボルダリングとは、もともとはロープを使ったフリークライミングの練習としての位置づけだったようですが、必要な装備が少なく、手軽に始められるといったことから独立したスポーツとして広まっている様です。

ゴールしたときの達成感はなかなかいいものです。
徐々にレベルがあがるルートに進むと、ゴールまで辿り着けなかったり、だんだんと無くなる握力に悔しい思いをしたりと、一筋縄ではいかないボルダリング。

ちょっとしたコツを掴めば上達も早くなるようですのでまとめていきたいと思います。

重要なのは手か足か

ボルダリングの課題では手のついていい場所が決まっているので、足元への意識が低くなりがちです。
足を置く場所を適当な場所にしてしまうと、体重を足に預けることができないので、手で体を支えることになり、とても疲れやすくなってしまいます。

しっかりと足元を確認してせられそうなホールドを探して足を置くことが重要です。
私がすぐに握力がなくなったのはおそらくこれができていなかったのでしょう。

ハシゴを登るイメージで急がず

ボルダリングでは足でぐいぐいと登っていきます。
ハシゴを登るとき、手は支えるだけで登っていきますよね?そんなイメージです。
腕の力だけで登ろうとすると、やはりこれも疲れやすく、上達する上でも限界があります。
上達したい方は手を極力使わない?ことかもしれません。

私自身の体験からすると、これが一番大事だなと思ったのですが、やみくもに登らず、しっかりと登るルートを考えて登っていくこと。
実際に1人で登るよりも、店舗のスタッフの方に指示を仰ぎながら登っていくと、体力も使わず楽に登りきることができたり、ゴールまで行けなくても確実に先に進めるようになったりと、その差は歴然です。

その他にもいろいろとコツはありそうですが、また私もチャレンジしてみますので、改めて機会があればまとめてみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

業界最小サイズなのにパワフル振動で全身運動を実現。揺らして鍛える「ルルド シェイプア…

株式会社アテックスは、小型ながらパワフルなモーターを採用した振動テクノロジーにより、乗るだけで全身トレーニン…

夏に向けてダイエットを頑張ろうとしているあなた!挫折しないように心得を伝授します!そ…

何度もダイエットを失敗している…そんな方は、自分に合ったダイエットをしていないのかも?自分にぴったりのダイエ…

プロテイン。筋トレしてるけどホエイとソイの違いや摂取の仕方を紹介します。

プロテインとは、英語でたんぱく質のこと。からだのエネルギー源にもなる栄養素で、肉や魚、大豆製品、乳製品、卵な…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。