はじめに

みなさんはサルサダンスについてご存知でしょうか。
名前は知っているが、どんなダンスかまでかは知らない人も多いのではないでしょうか。
今回はそんなサルサダンスについて紹介したいと思いまます。

サルサの歴史

サルサは、20世紀の初め、1930年代頃からその原型が生まれました。もともとは、キューバの酒場で演奏していた音楽でした。その音楽はサルサではなく、「ソン」と呼ばれていました。そのミュージシャン達が、お金稼ぎのためにニューヨークへ行き演奏したところ、大ヒットしました。キューバやプエルトリコの音楽に、アメリカのジャズの要素が加わり、洗練されたものとなったのです。そうして「サルサ」と呼ばれるようになり、その音楽は世界中に発信されるようになりました。それは1970年代のことでした。アメリカや南米を始め、ヨーロッパやニュージーランドにも、世界中に広まりました。

サルサダンス

サルサダンスとはとても情熱的な踊りが頭に浮かびますが、このダンスは「サルサ」という音楽に合わせて踊るもの。サルサは中南米で生まれたラテン音楽のひとつで、ブラジルやアルゼンチン、キューバなどが始まりといわれています。

サルサダンスという形になったのは1960年代で、プエルトリコ移民が多いニューヨークを中心に始まった男女がペアで踊るもの。サルサ音楽に合わせて男性がリードしながらスピード感のある動きをするのが特徴です。サルサダンスとは地域によって若干踊り方が異なり、始まりとなったニューヨークスタイルは「オンツー」といわれる二拍目にステップを踏むスタイル。反対側のLAでは1拍目にステップを踏む「オンワン」というスタイルが主流になっています。LAスタイルは日本のサルサ教室で多く取り入れているところも。

ジョギングなみのサルサダンスの運動量
サルサダンスとは腰をくねらせる動きが特徴で、見た目の通り運動量がかなりあります。サルサダンスはステップが基本になりますので、下半身を鍛えるにも大変メリットがあるでしょう。サルサの曲を1曲踊っただけでも、ランニングなみの運動があるといわれていますので、ダイエット目的で始めるには大変オススメです。

ジョギングやウォーキングは同じ動きを繰り返すので、飽きっぽい人にはちょっと辛いかもしれません。しかしサルサダンスは音楽に合わせて腰や足、腕など全身をくまなく動かしますので、緊張感を保ったまま運動できる点もメリットですね。消費カロリーは体重50㎏の人が1時間踊った場合、236カロリーで脂肪燃焼量は33.71g。ウォーキングよりもカロリー消費は高い運動になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

神奈川県の地ビール「さがみビール」

「さがみビール」は1998年より製造を開始して以来、熱による殺菌や酵母のろ過を一切せず麦芽100%だけを使っ…

知っていれば自慢できる?7月26・27日は〇〇の日!

2020年も下半期に入りました。 あっという間に1年の折り返しです。 色々あった上半期でした。 さぁ。切り替…

テーピングの効果

テーピングの意味とは、スポーツでのケガの固定だけではなく、ケガ予防や身体機能の向上を目的とした貼り方や姿勢の…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。