歴史と簡単なルール

テコンドーは、古くから朝鮮半島に伝わる武術のテッキョンと日本の松濤館空手を母体に、1955年韓国のチェ・ホンヒによって創始された格闘技。韓国では国技となっています。「足のボクシング」ともいわれ、スピーディーで見応えのある足技が特徴です。愛好家は世界に8,000万人いると言われてます。

オリンピックではソウル1988大会とバルセロナ1992大会で公開競技として行われ、シドニー2000大会から正式競技として実施されています。テコンドーにはもともと組手(キョルギ)と型(プムセ)があるが、オリンピックに採用されたのは組手。男女ともに4階級で、トーナメント方式で争われます。

8メートルの八角形のマットで1ラウンド2分間を3ラウンド行います。ノックアウト(KO)で決着する場合と、得点・減点の集計で決まる場合があります。試合では頭にヘッドギアと胴体には防具を装着します。

華麗な足捌きが魅力

テコンドー最大の魅力は何といっても華麗な足技でしょう。アクション映画で次々に繰り出される鮮やかな蹴り技の数々は見る人を魅了するほどの美しさです。
テコンドーには下段への蹴り技が禁止されている分、打点の高い中段と上段への蹴りが著しく発達しました。
特にマシンガンのような片足での連続蹴りや踊るような後ろ廻し蹴りなどの回転蹴りの数々は他の格闘技でも見られないテコンドーならではの攻防です。
WTFテコンドーでは蹴りが9割で顔面へのパンチがない分、いかに蹴りで相手の上段を蹴るかが長年にわたって研究されてきました。
テコンドーの蹴り技は厳しいルールあって美しく研ぎ澄まされてきたのです。

テコンドーはダメージを与えて倒す競技ではなく技の正確さや得点を競い合うポイント制です。
相手の攻撃が当たるとポイントになってしまうため、もらいながら倒しに行く戦法ではなく「相手の攻撃をできるだけもらわずに自分の攻撃を当てる」戦術が重要になります。
そのため、テコンドーのステップは「相手の攻撃をかわしやすく、かつ蹴りを出しやすい」形態へと進化をとげていったのです。
空手やキックボクシングの選手が格闘技イベントにおいて、ステップや足技で翻弄されているのを目撃したことがある方は多いのではないでしょうか。
ただ華麗なだけでなく、テコンドー選手の走るようなフットワークはスピードや小回りという点で圧倒的に有利なのです。
相手の攻撃をかわし、自分の攻撃を的確に当てる。撃たせずに打つ戦いができるのもテコンドーの魅力なのです。

まとめ

他にも組手競技の心理戦も大きな魅力だと思います。
体格やスタミナでゴリ押し勝ちしにくいルールなので、中級者以上ですとカウンターのカウンターを取り合うような高度な心理戦を楽しめます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

トライアスロンが趣味の京菓子屋社長が発案!『anpower(アンパワー)』が6月1日…

株式会社鼓月は、新商品としてスポーツ時に手軽にエネルギー補給ができる羊羹『anpower』を6月1日(土)よ…

運動中に足が攣るのは体内で〇〇が不足している証!?

どのようにすれば、激しい運動に伴って生じるような、こうした体の特別な現象を抑えることができるのかについて、対…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。