体内時計を整え、「睡眠の質」を整えよう!

睡眠の質を上げるのなら、流れるような入眠が不可欠。寝つきが悪いと睡眠時間も削れますし、何より「眠らなきゃ」というストレスの所為で仮に寝付いたとしても睡眠の質が下がってしまいます。体内時計を整えることは、滞りなく入眠を促すのに最適です。次のような方法で体内時計を整えていきましょう。

人は体内時計を整えるのに、強い光を利用しています。朝日のように強い光を感じることでメラトニンの分泌が抑制され、代わりにセロトニンを分泌することによって、頭と身体を起床モードに切り替えています。そのため、朝の内に太陽光でセロトニンを分泌しておけば、自然と夜に眠くなる身体をつくることができます。朝起きて一番にカーテンを開けるのも良いですし、通勤やゴミ出しのときに日光浴をしながら外を歩いてみても良いですね。

また、睡眠時間がバラバラの毎日を送っていると、体内時計のバランスが乱れてしまいます。そのため、身体がいつ眠るのかがわからずに寝つきが悪くなるのです。就寝時間と起床時間のリズムがある程度安定してきたら、どんなに忙しくても就寝時間が近づいてくれば自然と眠気がやって来るはずです。

眠る前の行動や周囲の環境を工夫しよう!

食事は早めに済ませる!

睡眠の質を左右するポイントの一つが、体内環境です。もしも眠っている最中に体内で胃や腸が忙しなく動いていたら、当然体内から疲れは取れません。

そこで、食事は眠る最低3時間前までに済ませておきましょう。食べたものの消化時間として3時間の余裕を見積もっておけば、眠るときには胃腸も仕事を終えた状態でゆっくり休むことができます。

寝る前にお風呂に入っておこう!

眠る前のお風呂でも、睡眠ホルモンのメラトニンを誘発できます。メラトニンが分泌されると、身体は体温を下げて入眠準備を始めます。お風呂から上がって1~2時間後の湯冷めのタイミングを上手く利用すれば、メラトニンのこの働きを助長することができるのです。

また、湯船に浸かってリラックスすることによって副交感神経が高まり、メラトニンの分泌も促進されていきます。お風呂の中でつい微睡んでしまう現象も、これが関係しています。シャワーではリラックス効果はあまり得られませんから、絶対に湯船にお湯を張って浸かりましょう。

睡眠環境を見直そう!

就寝環境は睡眠の質を上げるカギと言っても良い重要ポイントです。枕の高さが違うだけでも、翌日に持ち越す疲れの大きさが変わるほどです。枕の高さが合わないと、眠っているにも関わらず肩こりや血行不良によって身体が疲れてしまいます。枕を選ぶときは、試しに頭に敷いてみたり店員さんに意見を聞いたりすると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

風邪を予防するために、「免疫力」を高めよう!

日々の生活や仕事のにも影響が出てしまうので、なんとかしたい「風邪」。この時期は特に要注意ですね。免疫力を高め…

はと麦茶は、香ばしい香りと味わいで人気のあるお茶です。どんな効果があるのでしょうか。

昔から美肌に優れていると言われるはと麦は、お茶にも美白効果が期待され美を求める女性達から愛されてきました。 …

飲みすぎた翌日の後悔!「二日酔い」を解消するにはどうする?

飲んでるときはいいですが、翌日にその後悔に苛まれる「二日酔い」。どうやって解消したら良いのでしょうか?

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。