はじめに

最近のダイエットブームでは、いろんな方法がありますね。
カロリーを抜いたり、糖質ダイエットも流行ったり。
脂質を抜いたダイエットもありますね。
今回紹介するのは脂質にいついてです。
資質とはどんな役割を持っているのでしょうか。

脂質

三大栄養素の脂質は1グラムあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。脂質は水に溶けずにエーテル、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質で、炭素、水素、酸素で構成されています。

 脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。また、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

 脂質は私たちの体にとっては欠かせない三大栄養素の1つで

不足すると

生活習慣病が社会問題となっており、肥満の原因となる脂質は、敬遠されがちですが、食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下したりする可能性があります。

 また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)が吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。

 反対に、肥満傾向の人は、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の原因になるため摂りすぎないように注意しましょう。

脂質の多い食品

脂質は調理用油、バター、マーガリンなど油脂だけでなく、肉、乳製品、卵、魚などたんぱく質の多い食品、ナッツ類、スナック、ケーキ類など多くの食品に含まれます。自分がよく食べるものに脂質の多いものがあるかどうか調べましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あったかくなったらピクニックに是非行って欲しい都内の公園 パート③

ピクニックにぴったりな東京の公園を一挙に紹介! 広い芝生が自慢の公園や、都内とは思えないほど緑豊かな森林公園…

貧血予防に

栄養バランスの良い食事を

寒い時期に多いノドの乾燥。そんなノドの乾燥を予防するにはどうしたらいいか?

ノドの粘膜はうるおっていないと機能しにくくなると言われています。ノドの粘膜には、細菌やウィルスがくっつかない…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。