はじめに

今回も群馬県の地ビールを紹介したいと思います。
その前に群馬県の観光地も1つ紹介致します。
湯畑(草津温泉)も有名ですね。
日本三名泉のひとつであり、自然湧出量は日本一の毎分3万2,300リットルを誇る草津温泉。「湯畑」はその温泉街の中心部にあり、毎分4,000リットルの温泉から白い湯煙がもうもうと上げて湧き出す様が圧巻。湯畑の周りには瓦を敷き詰めた遊歩道や石柵、白根山を象った白根山ベンチなどがあり、ライトアップされる夜の眺めも幻想的です。

四万温泉ビール

四万温泉エールファクトリーは、群馬県の四万温泉にあるブルワリーです。温泉が豊富で、自然は豊か。清らかな水の生まれる水源の地でもある四万の水でしか造れない地ビールを造っています。砂糖やコーンスターチを使う大手のビールとは違い、ホップ以外の原料は麦しか使っていません。また、発酵するために必要な糖分にも麦を直接糖化しているほどのこだわり。炭酸は、酵母が発酵するときに出す炭酸を閉じこめただけの、天然の泡。だからこそ作れる、滑らかな口当たり。そして、深いモルトの味わいとコクが楽しめます。

ビールの種類

◆摩耶姫    
四万温泉エールの中で一番色の薄いエール。ハラタウ系ホップのハーバルでフローラルなホップの香りと麦芽由来のタフィーの様な甘い印象があり、マイルドなコクを感じさせてくれる一番人気の琥珀色エール。
 
◆おう穴 

わずかに加えたブラックモルト由来のロースト香と風味があり、[First Wort Hopping]というホップ長時間煮込むテクニックを用いて、ホップの複雑な風味を活かしながらやや強めの苦みを加えている。ほのかなカスケードホップの香りがスッキリとした味わいに仕上がった褐色エール。

◆夜の訪れ 
四万温泉エール月見橋はやや赤みがかった濃褐色のエール・ポータースタイルです。ローストモルトの風味とその裏に隠れたほのかなプラムのような果実香とほのかな酸味を感じる飲みやすいダークエールです。ホップはイングリッシュホップを数種類配合しました。ゴクゴク飲めるポーターを目指しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

和歌山県の地ビール「Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)」

Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)は、 2015年に創業した和歌山県田辺市にあるクラフ…

夜は外に出て幸せの月のパワーを感じてみてはいかがでしょうか?

月は女性の象徴でもあり、感情を支配する惑星でもあります。 意識しないこと、つまり無意識レベルのことを支配す…

左利きの人の寿命が右利きよりも短いってホント?

世の中右利きの方が多く、左利きは不便だと感じる所も多いかと思われます。 そんな中左利きの方が寿命が短いという…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。