「はちみつ」とは

「はちみつ」はエジプトで生まれたと言われ、古代エジプト時代の浮き彫りには養蜂が描かれており、はちみつを食べていたと考えられています。かなり古くから世界で根付いていましたが、日本に627年ころと言われ、日本書紀には蝿の群れという言葉で、蜂が表現されているそうです。

スズメバチやアシナガバチなど蜂の種類は様々ですが、「はちみつ」を作れるのはミツバチだけだそうです。ミツバチは花にある蜜を吸い取って、体内に溜め込み、巣に持ち帰っています。これが「はちみつ」になります。

甘いけど、砂糖よりもヘルシーで低カロリー!

「はちみつ」はかなり甘いものですが、砂糖よりもヘルシーです。砂糖の糖分はショ糖と言われ花の蜜と同じですが、「はちみつ」はブドウ糖と果糖が混ざったものになります。これは、ミツバチが花の蜜であるショ糖を体内に蓄えて、身体の中でブドウ糖と果糖に変化させているからだそうです。

砂糖の成分であるショ糖は人間の身体に入るとブドウ糖と果糖に分解してから吸収されますが、「はちみつ」はすでに分解された状態のため、身体への負担が少なくて済むそうです。

しかも、砂糖と比べるとカロリーも低めなんです。砂糖のカロリーは100gあたり約387kcalに対し、はちみつは294kcalほど。砂糖と比べてカロリーも低いのに身体への負担も少ない「はちみつ」は健康にもいいんです。

子供の咳止めに効果的!

はちみつは喉に良いイメージはありますが、これは研究結果としても立証されている事実です。子どもの咳を止めるための風邪薬の成分であるデキストロメトルファンと「そばはちみつ」を比較した場合、「そばはちみつ」のほうが効果的であるという結果が出ているそうです。

夜間に子どもの咳がひどいとき、ティースプーン1杯程度の「はちみつ」をお湯に溶かして飲むことで収まることがあります。

記憶力が向上する?!

マレーシアにいるオオミツバチの「はちみつ」で「トアランはちみつ」というものがあるそうですが、とても栄養価が高いそうです。1日小さじ3杯の「トアランはちみつ」を食べることで、記憶力が上がったという話もあり、16週間食べ続けた頃にはホルモン補充療法を受けている人と同程度に記憶力が改善したそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

玉ねぎの力

玉ねぎ栄養いっぱい

つるつるとした食感で人気の春雨。どんな効果があるのでしょうか。

春雨という名称は、茹でた後の透明な状態がまるで春に降る雨のように繊細に見えることから、日本で名づけられました…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。