健康的な食事を続けることで、筋肉のつきやすい身体を作ろう!

筋肉を増やすために、食品や食事方法を厳選し、習慣化することが勧められています。激しいトレーニングを積んだとしても、食事が不規則的だと筋肉の原料を十分に蓄えることが出来ません。また、運動の習慣がなかった人がトレーニングで筋肉をつけるのは難しいことなので、食事内容や食習慣を見直しして筋肉をつけていくのはオススメの方法です。

筋肉は短期的な努力では身につけることが出来ません。ですが、運動や健康的な食事を無理のない範囲で続けることで、体質が改善されて筋肉がつきやすくなっていきます。健康的に作り出された筋肉は、落ちにくく長い間、体を支えてくれるといいます。筋肉量が増えると新陳代謝がよくなり美肌へとつながります。またエネルギーの燃焼もよくなるのでぜい肉対策にもなります。筋肉を増やすための食材選びでは「タンパク質が豊富」なことと「カロリーが低い」ことを意識しましょう。

良質のタンパク質を摂取しよう!

筋肉だけでなく、体のあらゆる部位を作り出す際の原料となる成分が「タンパク質」で、多くの食材に含まれています。重要なのは量以上に質で、良質のタンパク質をたくさん摂取することで、生み出される筋肉も丈夫になり体の機能が高まります。

タンパク質の質に注目して食材を選ぶと、オススメは豆腐、納豆といった「大豆製品」になります。「大豆」は良質のタンパク質の宝庫であり「畑のお肉」と呼ばれています。大豆食品のメリットはカロリーが低く、たくさん食べても太りにくい点です。ダイエットで糖質や脂肪を制限する食事をしている人にも、ぴったりの健康食品です。ダイエットで空腹になったときには、豆腐や納豆で紛らわせると良いそうです。また1日を健康的にスタートさせるために、朝食メニューに大豆食品をプラスするのも効果的です。

筋肉を増やすには「肉」!ヘルシーな鶏肉がオススメ!

筋肉を増やすには「肉」をたくさん食べるのも一つの手です。ただ、肉には筋肉を増やす効用があるものの、同時にコレステロールや脂質、油分などの摂取しすぎると体に害を及ぼす成分も多いため、ダイエット中は制限したり、食事に出さないようにする人が多いと思います。

そこでおすすめなのが「鶏肉」です。さまざまな肉の中でも「鶏肉」は特に健康的な食材と言え、タンパク質以外に美肌成分であるコラーゲンや、血液をサラサラにしてくれるビタミンKなども含んでいます。豚肉や牛肉と比べてもカロリーは控えめなのでオススメです。

栄養豊富な「卵」を摂りいれよう!

筋肉を増やすには「卵」も欠かせません。「卵」には1個あたり7~8グラムのタンパク質が含まれています。毎日卵を食べることで確実にタンパク質を補強できます。さらに「卵」にはタンパク質以外にも数多くの健康成分が含まれていて、コラーゲンやビタミン、鉄分にミネラルと卵1個の中に、さまざまな栄養素が含まれています。特にタンパク質をアミノ酸へと分解し、筋タンパク質へと変えていくために必要なビタミンは、筋肉を増やすためにも重要です。「卵」に含まれているカロリーは決して高くないために、量を食べても太るリスクが少ないのもメリットです。

朝食や夕食など卵を食事に出すにはいろいろな方法があります。しかし筋肉を増やすために食べるなら運動後、体がもっとも成分を求めているときに食べるのがベストです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

独特な臭気が特徴的なニンニク。どんな効果があるのでしょうか。

ニンニクは中華料理や韓国料理でも、インド料理でも、イタリアンやフレンチでも使用されている香辛料。

名脇役、三つ葉を知ろう

三つ葉はとても香りがよく、お吸い物や丼物の具、爽やかな香りと鮮やかな緑はとてもいいアクセントになります。

出来れば無くしたい!「中性脂肪」ってどんな脂肪?

美容や健康面で気になる「中性脂肪」。脂肪というだけで悪いイメージですが、どんな脂肪なんでしょうか?

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。