ストレス軽減

もやしには消化を助けてくれる消化酵素アミラーゼに加え、ビタミンB1・ビタミンB2・アスパラギン酸など代謝に関わる栄養成分を含んでいます。代謝が上がるということはそれだけ摂取した栄養素がエネルギーとして転換され、疲労回復にも役立つと考えられています。

その他にも、もやしには不足すると精神的な不調を引き起こすと言われているカルシウに加えて、ストレス緩和や精神安定に役立つGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)が含まれており、近年抗ストレス食材としても注目されています。ストレスや活性酸素対策として役立つビタミンCも含まれていますので、精神・肉体両方のストレスや疲労を緩和させる働きが期待できそうです。

むくみ予防に

もやしは100g中にカリウム69mgと食物繊維1.3gを含んでいます。どちらの含有量も特に豊富というわけではありませんが、いつものレシピにもやしを加えたり、茹でる・蒸したもやしを献立に一品加えることで便秘やむくみの予防・改善に役立ちます。

モリブデンが豊富

もやしにはモリブデンという栄養が豊富に含まれています。
もやしには野菜平均の3倍以上のモリブデンを含んでいるそうです。
ちなみに、ここでいう「もやし」とは、緑豆もやし(日本で最も多く出回っている)のことです。大豆やブラックマッペにはモリブデンは含まれていないのご注意ください。
緑豆もやしに多いモリブデンとは、ミネラルの一種で、キサンチンオキシダーゼの補酵素になる働きがあり、尿酸の生成を促す効果があります。
モリブデンには鉄分の利用を促す作用があることから、貧血を予防する効果にも期待ができます。さらに葉酸にも貧血を防ぐ効果があるため、もやしは貧血予防のサポートに役立つ野菜です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

コレステロールって悪いイメージしかないですが、本当にそうでしょうか?

私たちの体にとって悪いと思われがちなコレステロールですが、よく知れば敵だと思っていたコレステロールを味方にで…

健康のためには「減塩」!塩分とりすぎると、なぜ身体に悪いの?

「減塩」という言葉が当たり前になってきましたが、減塩はなぜ身体に良いと言われているのでしょうか。塩分と身体の…

ドラゴンフルーツの力

竜のウロコのような皮に覆われていることからドラゴンフルーツという名前が付けらたそうです。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square