はじめに

みなさんは花火大会に行った事はあるでしょうか?
夏の風物詩と言っても良い花火大会ですね。
各県、各会場で工夫がなされている花火大会も魅力ですね。
見るのはもちろん綺麗ですが、その打ち上げ花火はどうやって作られているのでしょうか?今回はそんな打ち上げ花火について紹介したいと思います。

打ち上げ花火が出来る工程

◆配合工程
花火作りはまず火薬の調合から始まります。配合比通りに薬品を計量し、丹念に混ぜ合わせて粉末の火薬を作ります。赤や緑など、花火の色は配合する薬品の種類と割合によって決まってきます。

◆成形工程
次に最も重要な「星」を作ります。配合工程で出来た火薬に水を加えて練り枠に入れて切断した「切星」を、回転釜などを利用し、水分を与えながらさらに火薬をまぶして太らせ、天日で乾燥させる作業を何回も繰り返し「星」を完成させます。

◆組立工程
各部品が出来たら、次は組み立てを行います。まず半分ずつ、玉皮に沿って星を隙間なく均一に並べ、紙に包んだ割火薬を中心部に入れます。次に二つを合体させて一発の花火玉にします。

◆仕上工程
最後に仕上作業に入ります。組立工程で出来た花火玉の表面にクラフト紙を糊で貼り、乾燥させる作業を何回も繰り返します。紙を貼る回数は玉の大きさや種類によって異なりますが、15cm玉で約20枚を貼り、花火玉は完成となります。

打ち上げ花火の種類

打ち上げ花火は、「割物(わりもの)」「半割物(はんわりもの)」「ぽか物」の大きく3種類に分けることができます。

「割物」は、今まで説明した通り、割り薬を爆発させて、色や煙を出す星を飛び出させる仕組みを持つ打ち上げ花火です。割物の中でも、飛び出した星が広がるときに、尾を引くものを「菊(きく)」、星が点になって広がっていくものを「牡丹(ぼたん)」といいます。

「半割物」は、大きな花火玉の中に、たくさんの小さな花火玉が入っていて、いくつもの小さな花火が同時に開くのが特徴です。

「ぽか物」は、空に打ち上げられた花火玉が「ぽかっ」と2つに割れて、星やしかけが飛び出してきますね。いろいろな光や形を楽しめるような仕組みになっています。明るい昼間に打ち上げられる花火はこの種類が多く、昼間でも花火が上がったことがわかるように、いろいろな音や煙の出し方ができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

全国第一号の地ビール「エチゴビール」

地ビールとは1994年4月に行われた酒税法改正で、ビールの年間最低製造数量がそれまでの2000キロリットル(…

日本の海の危険な生物。

イモガイの銛に含まれる毒は神経毒で、とてつもなく強力です。刺された魚や貝類はその毒で即死するぐらいです。

意外と知らないカバの生態

目と耳と鼻の穴が顔の上側にあるため、体が水中にあっても目と鼻だけを水面に出して呼吸することができます。泳ぎも…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。