高カカオチョコレートとは?

通常のチョコレートは、カカオが30〜40%を含んていますが、高カカオチョコレートは、70%以上を含んだビターチョコレートを指しています。
そのカカオに含まれているカカオポリフェノールによる多くの効果が注目されています。また普通のミルクチョコレートと違い、砂糖もあまり使用していないので、太りたくない人、虫歯になりたくない人には嬉しい、健康的なおやつとして高カカオチョコレートが人気が集まっています。
そのカカオポリフェノールなどチョコレートに含まれる効果についてご紹介していきます。

美肌効果

カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去し、シミやしわなど肌の老化を抑制します。
また紫外線による肌のダメージを修復する働きもあります。

動脈硬化予防

動脈硬化の原因は活性酸素によるコレステロールの酸化です。
カカオチョコレートの抗酸化力がこの酸化を抑制します。

血圧の低下

血圧の上昇は血管が細くなってしまうことが原因です。
カカオポリフェノールは血管を広げて血圧を下げる効果があります。
血圧が高い人ほど低下量が大きいと明治の研究で明らかになりました

疲労回復

テオブロミンはカカオ豆に含まれている苦味成分のもとです。
苦味成分が血行を良くし、自律神経を調節して疲労回復を促します。

ストレスの予防・緩和

カカオポリフェノールが血中のストレスホルモン分泌を抑えます。
日常的にチョコレートを食べることで抗ストレス効果が期待できます。

便秘の解消

カカオに含まれる食物繊維は不溶性でリグニンと呼ばれます。
食物繊維は腸内に溜まった老廃物を排出して腸内環境を整えてくれます。
他にもコレステロール値を下げ、肥満や生活習慣病の予防にも期待できます。

高カカオチョコレート選び方

高カカオチョコレートを食べる純度が高いのを選べばいいと思われがちですが、80〜90%台のは甘さがほんとないので、苦い、舌触りがパサパサするといった感じなので、初めての方は美味しくないと感じると思います。
初めての方は70%前後の純度の高カカオチョコレートをお選びするのをオススメします。
ほどよく甘く、苦味もよし、美味しく食べられる純度がこの70%前後だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

吉祥寺がまたしても1位!何がそんなに魅了しているのでしょう?

ろくでなしブルースの舞台でもある吉祥寺。昔から人気がある街ですが、何が人々を魅了しているのでしょう?

スポーツクラブに行ってみよう13

今回のスポーツクラブに行ってみようシリーズはスポーツクラブというよりはカルチャー編。映画でも話題になったフラ…

スポーツクラブでのマナー〜スタジオ編5〜

さあ、どんな場所にどんな人が集まりやすいか。スタジオは深いんです。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求