白内障

目の中のレンズである水晶体が濁って見えにくくなることを白内障といいます。濁る原因は他の病気が原因であったり、放射線や薬が影響することもありますが、最も多いのが老人性白内障です。いわば白髪と同じで、誰にでも起こりうる老化現象です。
ふつう濁りは急に進行することはありませんが、一度濁ってしまった水晶体は残念ながらもとに戻りません。しかし症状の軽いうちは、生活にそれほど問題はありません。また、濁りが強くなってものが見えにくくなり、いよいよ生活にも不自由を感じるようになれば、濁った水晶体を取り除く手術で視力を取り戻すことができます。
年をとるとなぜ白内障になるのか、実はよくわかっていません。年とともに新陳代謝が衰えて水晶体に含まれるタンパク質が変性するからではないかといわれています。
一般に60歳代で60~70%、70歳代で80~90%、80歳代ではほぼ100%の人で白内障がみられるという調査結果もあります。
ただし、白内障と診断されても、人によって水晶体の濁りの程度が違いますし、濁りの進み具合も異なりますので、すべての人に手術が必要というわけではありません。
老人性白内障では、水晶体の周囲から濁りはじめ、だんだん中心に進んできます。ですから中心部がまだ濁っていない間は、生活にさしさわりはありません。

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。
一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。
■早期発見・早期治療
多くの場合、自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。一度傷ついた視神経をもとにもどす方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

網膜剥離

■網膜がはがれることを網膜剥離といいます
網膜色素上皮細胞と神経網膜の接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体の中に浮き上がってしまうことがあります。
これが網膜剥離です。網膜剥離は、裂孔原性(れっこうげんせい)網膜剥離と呼ばれる網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。

■裂孔原性網膜剥離
眼球の中の硝子体は、中高年になると、液化硝子体と呼ばれる水の部分ができて、眼球の動きとともに硝子体が眼球内で揺れ動くようになります(後部硝子体剥離参照)。硝子体と網膜が強く癒着している部分があると、眼球の動きで網膜が引っ張られ、裂孔ができてしまいます。その裂孔から液化硝子体が網膜下に入り込むと、網膜ははがれてしまいます。これが裂孔原性網膜剥離です。
また、ボールが目に当たるなど、強い力が目に加わって網膜が剥離してしまう外傷性網膜剥離も、裂孔原性網膜剥離のひとつです。

■その他の網膜剥離
糖尿病網膜症では、出血しやすい血管を含んだ膜が網膜の上にできます。この膜が収縮して網膜を引っ張ると、網膜が剥離してしまいます(牽引性網膜剥離)。
ぶどう膜に炎症があったり、眼内腫瘍などがあると、網膜血管や脈絡膜から血液中の水分が滲み出し、網膜下にたまって網膜が剥離することがあります(続発性網膜剥離)。
このような場合、原因となっている疾患の治療を行います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

アラニン

筋肉や内臓の材料となるアミノ酸の一種です。 肝臓で作られ、脳や筋肉に送られるエネルギー(糖)の材料となるほか…

掃除機は紙パック?サイクロン?

掃除機の紙パックとサイクロン どちらが良いのでしょうか。

お酒を飲んで死に至る事も。急性アルコール中毒とは?

「イッキ飲み」のように短時間で大量のお酒を飲んでしまうと、肝臓でのアルコール代謝が追いつかなくなり、血液の中…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。