レスリングの概要

レスリングの魅力は、何の道具も持たず、衣服をつかむこともせず、体同士がぶつかりあい、技を掛け合うシンプルな競技であること。その中でパワーとスピード、テクニックが激突する。2人の選手が互いに技を使って相手を組み伏せ、両肩をマットに押しつけようと競い合います。

古代オリンピックでも行われていて、人類最古の格闘技といわれている。近代オリンピックでは第1回アテネ1896大会から行われ、第2回パリ1900大会を除き継続して実施されています。腰から下を攻撃と防御に使うことが禁止されているグレコローマンスタイルと、全身を攻撃と防御に使えるフリースタイルがあります。長い間男子のみの競技だったが、アテネ2004大会から女子も加わった(フリースタイルのみ)。体重による階級別で試合が行われるため、体格の差に関係なく活躍できます。リオデジャネイロ2016大会では男子グレコローマン、男子フリースタイル、女子フリースタイルとも6階級(6種目)で行われました。

試合は敗者復活戦のあるトーナメント方式で行われる。決勝に進んだ選手と直接対戦して負けた選手は敗者復活戦に出場できます。

見どころ

レスリングは上半身のみで技をかけ合うグレコローマンスタイルと全身を使っての攻防戦のフリーの2種目があります。また、階級ごとに競われるので、体格差に左右されずに地域・人種問わずに活躍できる競技です。

レスリングの見どころは肉体同士が激しくぶつかり合う技の掛け合いです。相手の背後に回りこみ、大きく円を描きながら投げ飛ばす投げ技は高得点にもつながりやすく、豪快で観客のボルテージを一気に上げます。倒れこんだ相手を90度以上仰向けにさせ、5秒間維持する寝技も高得点につながり、選手同士の激しい攻防を楽しめます。

2020年オリンピック選手はどうなるか

女子は若手を含め、選手層の厚さは世界一といわれています。リオデジャネイロ2016大会15年ぶりの個人戦での敗北を喫し、個人戦連勝記録206でストップという結果になった吉田沙保里は、東京2020大会への挑戦を表明しています。ぜひ再挑戦を期待したいですね。また伊調が出場を決めたら、オリンピック史上個人で誰も成し遂げたことのない5連覇に向けての挑戦となります。リオデジャネイロ2016大会に出場した代表選手以外にも、向田真優、須崎優衣、宮原優といった有望選手が控えています。
男子はリオデジャネイロ2016大会のグレコローマン59kg級で銀メダルを獲得した太田忍、2017年世界選手権のフリースタイル57kg級で優勝の高橋侑希に、東京2020大会では金メダルを期待したいですね。それ以外の階級でも、これから世界のトップレベルに育つ選手の台頭が望まれます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

みんなで渋谷を制覇しよう!人気急上昇中のスポーツ「ロゲイニング」が渋谷の街に登場!

ゼビオ株式会社が協賛する新たなスポーツイベント「ロゲイニング in SHIBUYA」が、 2018年10月2…

最新ウィンタースポーツ、3選をご紹介!

ウィンタースポーツが出来るこの時期!! 新しいスポーツにチャレンジしてみてはいかがですか?

筋肉痛って痛いですよね。予防するのとしないのでは違いますのでご紹介します。

筋肉痛が生じやすいのは、筋肉が引き伸ばされながら大きな力を出す(伸張性収縮)を繰り返した時です。

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。