「朝」に運動することは、もちろん身体に良いですが、、、

最近は朝活などが流行っていて、「朝」に運動されている方も増えています。もちろん身体に悪いことではありませんが、朝は体が温まっていないことから心拍数や血圧が高くなりやすく、運動次第では心臓への負担も大きくなると考えられるそうです。

ダイエットには、「夜」に運動する方が効果的!!なぜ?!

また、朝の身体は目覚めたばかりなので、筋肉が縮んでいる状態です。このため十分に身体を動かすことが難しいともいえます。それに対し、夜はすでに1日身体を動かしているので、筋肉は伸びやすく、ストレッチをすることですぐに柔らかくなります。この筋肉が柔らかい状態で運動することで、より代謝が上がり汗をかきやすい状態で運動することができるんです。

また、座り仕事の人は足に溜まったむくみや老廃物質を流すことができるので一石二鳥です。夜、適度に動くことで身体をリセットすることも出来るので、ダイエットだけではなく、リフレッシュにも効果的といえます。

ベストは「夕食後」の運動!!

一般的には食事の量を抑えられるので、「夕食前」に運動をすることがいいとされていますが、運動後に気が緩んで食べ過ぎてしまう人も多いようです。加えて、運動して疲れているため、食べた後に寝てしまうと、摂取したカロリーを消費することができないため、結果的に太る原因に繋がり兼ねません。

このため、「夕食後」に運動をすることがベストと言えます。1日に摂取した糖分をエネルギーとして燃やすことができるので、脂肪として蓄えられず、痩せやすい状態のまま眠ることが出来ます。これを考えると、朝に運動をするより、「夕食後」に運動することがダイエットに効果的と言えるでしょう。

「夜」の運動の注意点!

しかし、食べた直後に運動をすると消化不良を引き起こす場合もあるので、夕食後は1時間程度、時間を空けてから運動をするか、もしくは夕食自体を軽めにして運動するようにしましょう。

また、夜の運動は交感神経が活発になり、就寝するしにくくなる場合も考えられます。交感神経が活発になると寝つきが悪くなったり疲労が残りやすくなったりすると、せっかくの運動が台無しですね。このため、運動後はゆっくり湯船に使ったり、紅茶を飲んだりして、寝る前に副交感神経を優位にしてリラックスするのがオススメです。

関連するまとめ

インド料理でおなじみのスパイスのクローブ。どんな効果があるのでしょうか。

クローブは、インド料理でおなじみのスパイス。日本でもその知名度が上がりつつあります。

日頃からの習慣が大事!「温活」で冷えを撃退しよう!

体が冷えると体調を崩しやすくなったり、手足が冷えると辛く感じたりしますよね。そんな冷えの対策として、「温活」…

レモン水の効果とは。メリットと注意点!

最近、暑くて水分補給が欠かせない時期になってきました。今回はレモン水の紹介です。レモンにはクエン酸が含まれて…

関連するキーワード