チョコレートとは

チョコレートの材料となるのは「カカオ豆」と呼ばれる、
カカオの樹になる果物の中にある種子です。
そのカカオ豆を発酵させてチョコレートは作られるんだそうです。
チョコレートが発酵食品だったなんて、知りませんでした。
そのカカオ豆を発酵させる期間は約一週間ほどだそうですが、その過程でチョコレート特有の甘い香り成分とカカオポリフェノールが作られるんだそうです。
熱帯植物のカカオは、赤道の南北緯度20度以内の、
年間の平均気温が27度以上で安定する地域でしか栽培できません。
西アフリカや東南アジア、中南米で多く見られます。昔からこれらの地域では、カカオを薬代わりに使用していたことがあるほど、カカオにはたくさんの栄養素がバランスよく含まれています。
カカオに含まれている主な栄養素に次のような成分があります。
ミネラル、食物繊維、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどです。

アンチエイジング

カカオポリフェノールには抗酸化作用の効果があり、アンチエイジングの大敵である活性酸素を除去する力があるそうです。カカオポリフェノールは抗酸化力の高いアンチエイジング成分なんです。
その効果は赤ワインの2倍、紅茶の45倍とも言われています。活性酸素は呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変質したもので、細胞を酸化させるので肌のくすみ、しわ、たるみ、乾燥などの原因となります。人間の体内にはもともと活性酸素を除去する抗酸化作用が備わっているのですが、それも20代後半をピークに衰え始めるそうです。
なので、活性酸素を除去するために、抗酸化作用のある食品を積極的に摂取したほうが良いみたいです。

肌の回復

カカオポリフェノールには皮膚を修復する力があることが確認されたました。
他にも、肌の炎症が回復する、肌の血行が促進される、キメが整う、皮膚が厚くなる、水力がアップするなど、こんなに良い効果が確認されています。紫外線を浴びると肌の老化や肌トラブルの大きな原因となります。紫外線を100%浴びないというのは一般的には無理な話なので、紫外線にさらされた肌を、チョコレートを摂取することで体の内側から紫外線ケアできます。
いくら良い効果があるとはいえ、やはり食べ過ぎてしまってはダメですよね。
カロリーの取り過ぎもありますし、偏頭痛を起こす可能性もあるそうです。
適度に食べて良い効果を実感してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

早起きは三文の徳

みなさんは、朝活してますか?朝強いですか?

実は捨てたら勿体ない!お茶より栄養のある「茶殻」

普段は捨ててしまう「茶殻」に、実は栄養がいっぱい!

健康志向の方にオススメ!雑穀米の効果と?

ファミレスで白米か雑穀米どっちかを選ぶなら、雑穀米を選んでおきたい!

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です