はじめに

2018年のプロ野球は前半戦を終えようとしています。

好調のチームもあれば、なかなか調子に乗れないチームもありますね。

新戦力や助っ人活躍もどこまでやってくれるかもわからないですね。

これから社会人の大会都市対抗野球や、高校生の夏の選手権大会や大学生の大会など、プロ注目の選手も登場してくるでしょう。しかし、今年のストーブリーグは熱くなりそうです。タイトルも獲得した選手がFAを行使するかも注目を集めます。

今回はFA選手の目玉の野手2人を紹介したいと思います。

浅村栄斗

2013年110打点で打点王に輝いた勝負強い選手です。

現在のライオンズを引っ張っている選手の1人ですね。

打率も波がなく、シーズン通して2割台後半、3割に近い打率を残しています。

大阪出身と言うこともあり、オリックスバファローズが調査をすぐに乗り出しているようで、大阪桐蔭では3年夏に甲子園制覇を果たした。27歳と年齢は若い。17年シーズンからは西武のキャプテンを務めるなど、野球に対する姿勢も評価が高い。一昨年、昨年と2年連続で143試合に出場。平成生まれでは初の通算1000安打を記録している。今後は動向を注視し、慎重に調査を進めていくとのこと。

ポジション 内野手

投打 右投右打

身長/体重 182cm/90kg

生年月日 1990年11月12日

経歴 大阪桐蔭高

ドラフト 2008年ドラフト3位

丸佳浩

2013年に盗塁王、2017年に最多安打のタイトルを獲得した走攻守揃った選手です。

広島カープでは田中、菊池、丸の同級生トリオ「タナキクマル」で広島カープに勢いをつける事で、広島のリーグ優勝に貢献。打率も2016年、2017年に3割をマークしていて安定できる選手です。やはり狙ってくる球団は巨人ではないでしょうか。広島は年俸が高額になってくると、抱え切れなくなって、FAで流出させてしまうという歴史を繰り返しています。丸は関東の千葉出身。かつて広島から巨人へFA移籍した大竹は埼玉出身で『地元の関東で野球がしたい』と移籍を決断した理由を語っています」

ポジション 外野手

投打 右投左打

身長/体重 177cm/90kg

生年月日 1989年4月11日

経歴 千葉経大付高

ドラフト 2007年高校生ドラフト3巡目

関連するまとめ

父を超える選手になるか【ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニア】

シーズン前からトップ・プロスペクトランキング(期待の新人のランキング)で堂々の1位を獲得。

プロ野球選手のベテラン(1979年生まれ)

経験豊富なピッチャー、キャッチャー。

プロ野球でよく目にする○○世代を知っていますか?

同じ年の世代に多くのスター選手がいると一括りにして、○○世代という言い方をしますね。 あなたはこの世代を知っ…

関連するキーワード