今週末は天皇賞・春というビッグタイトルに向けて強力ステイヤーたちが始動しますよ。そう、今週末は阪神競馬場にて阪神大賞典が開催されます。昨年はサトノダイヤモンドがシュヴァルグランやトーセンバジルを制して優勝し天皇賞・春へと歩を進めました。今年もなかなかの顔ぶれが揃ってますよ。前回は京都記念でレイデオロを撃破したクリンチャーと、長距離界のチャンピオンのアルバートについて書いてみました。今回は、菊花賞2着も古馬になってからなかなか日に目を浴びていないレインボーラインと、これまた勢いに乗る4歳世代からサトノクロニクルについて書いてみたいと思います。

そろそろ陽の目を!レインボーライン

同世代のクラシック馬が次々と離脱中。皐月賞馬のディーマジェスティは引退し、ダービー馬のマカヒキは骨折中、菊花賞馬のサトノダイヤモンドは心の病中と、最強世代とされていた彼等の中心がこぞって不甲斐ない状況。今年に入ってそこそこの成績を残せたのはウインブライトくらいのもので、ミッキーロケットもあっさりとクリンチャーやレイデオロ、モズカッチャンにやられてしまっている状況で、先週も期待されたサトノダイヤモンドもスワーヴリチャードにやられてしまい、まだまだ吹っ切れていない様子。ならば菊花賞2着のレインボーラインがやってやると言いいたいところですが、相手が長距離界の王者アルバートや、京都記念でレイデオロ以下、ミッキーロケットをも撃破した勢いある3歳世代のクリンチャーが相手ということで、簡単にはいかない様相です。更に厄介なのはサトノクロニクルもかなと、ここでしっかりとしておかないと、いよいよ最強世代は総崩れ状態という状況で崩壊でしょうね。レインボーライン自体のポテンシャルはそうは悪くないと思っています。菊花賞でもサトノダイヤモンドに次ぐ2着とやれていますし。ただこの馬もミッキーロケット同様に出し切ってナンボで、特別キレが良いわけでもなく、トップスピードの質も良いわけでもない。ある程度流れてくれた方がよいのですが、流石に3000m級でハイになるのも期待できないところで、トップスピード面を比べてもアルバートには劣るかなと。出し切るのであればクリンチャーが上にあるし、んー、というのが正直な感想です。なにはともあれ、3000mは長い気もするというのが1番の懸念点でしょうか。頑張ってほしいな!というのが心の叫びです。

再度挑戦の3000m!サトノクロニクル

菊花賞では3000mを挑戦も、田んぼ道を走る状況だったので、はっきり言って参考にはしていない感じですが、同じレースに出走し、今回も出走するクリンチャーはそれを苦とはしない走りを見せているということで、明らかに馬場が重くなればなるほど不利に働く感じかなと。ただ、ここ最近の春めいて暖かな気候も後押ししてか、多少雨が降っててもある程度は良馬場で出走できるという点において、サトノクロニクルにhsかなりのプラスにはからえるところと思っています。古馬を撃破したチャレンジカップでも良馬場ということで、結果を出し切っているのは全て良馬場。今回は新馬戦、京都新聞杯、白百合ステークスでコンビを組んだ川田騎手ということで、更に期待も高まる感じですね。理想としてはスローからのロングスパート戦。個人的にはアルバートにとっての3000mは短すぎると判断しているので、早めの仕掛けをしたサトノクロニクルというのも非常に魅力的で、アルバート撃破というキーとして捉えています。ただこうなると逆にクリンチャーやレインボーラインの息を吹き返してしまう恐れもあり、これはこれで一種の賭けでもあるのかな!という感じでしょうか。川田騎手がどう捌くかも見ものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

8歳フェイムゲームが切り裂いた!今年のダイヤモンドステークス

ステイヤーの今年初戦はフェイムゲームが差し切り勝ち。

歴代最強馬!?ディープインパクト産駒の活躍に注目!

サトノダイヤモンド、マカヒキ、ミッキークイーン、アルアイン。なんとも頼もしい子達が活躍中。

ダノンプレミアムが圧勝!今年の朝日杯フューチュリティステークス

とにかく強かったというのが印象です。来年のクラシックが楽しみです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。