先週末はサトノダイヤモンドの復帰戦ということもあって注目を浴びた金鯱賞。結果は3着としたものの、後半の伸びは徐々にではありますが戻ってきているのかな?と感じたレース内容で、大阪杯は狙いたくなる末脚を披露してくれて、個人的には若干ではあるもののホッとした感じです。さてさて、今週末も天皇賞・春というビッグタイトルに向けて強力ステイヤーたちが始動しますよ。そう、今週末は阪神競馬場にて阪神大賞典が開催されます。昨年はサトノダイヤモンドがシュヴァルグランやトーセンバジルを制して優勝し天皇賞・春へと歩を進めました。今年もなかなかの顔ぶれが揃ってますよ。

アルバート
カレンミロティック
クリンチャー
コウエイワンマン
サイモントルナーレ
サトノクロニクル
シホウ
スーパーマックス
トミケンスラーヴァ
ムイトオブリガード
ヤマカツライデン
レインボーライン

以上、12頭の出走予定馬です。

レイデオロ撃破した京都記念!クリンチャー

前走の京都記念では、同世代のボス的存在のレイデオロやアルアインを撃破し、更に先輩古馬のミッキーロケットをも撃破しての優勝を果たしたクリンチャーも阪神大賞典に出走予定となっています。菊花賞でも田んぼ道を突っ走り2着と結果を残しているクリンチャーは、ここまで藤岡佑介騎手とコンビを組んできたわけですが、今回の阪神大賞典では武豊騎手に乗り替えとなっています。んー、と言うのが個人的な感想で、もちろん武豊騎手に不満も不安ないのですが、やはりクリンチャー×藤岡佑介コンビの方がしっくりくるし狙いやすいというのが個人的な心境かなと。それはさておき、先週までの阪神競馬場の馬場は高速馬場状態で、トップスピードの質を問われるレースが大半でクリンチャー向きの馬場ではなかったため微妙でしたが、今週は高速馬場とまではいかなそうで、ある程度チカラのいる状態で出走できるのかなと考えています。このメンツをみる限りでは、アルバート、レインボーラインあたりが厄介になるものの、スタート良く抜け出せればあとは内ラチをロスなく立ち回ってくれればある程度は安心かなと。武豊騎手の神業プラスも期待して、ここでも本命にしてみようかなといったところでしょうか。

長距離界のドン!アルバート

ステイヤーズステークス3連覇を成し遂げたアルバートが阪神大賞典に出走予定です。個人的にはキタサンブラック、オジュウチョウサンに並ぶ、昨年の年度代表馬的存在で、アルバートが選出されても何の文句もないといった感じでしたけどね。まあ、それはさておき、長距離と言ったらやはりアルバートをおいて他にはいないかなと。とは言っても、不思議なことに阪神大賞典に関しては今回が初参戦になるんです。高速馬場でトップスピード面をある程度要求されても問題ない馬で、これに関して言えばクリンチャーより優位だと思う。後は雨が降ってズブズブにならなければというところかなと。流石に消耗戦だとクリンチャーは手強いですが、今の馬場で良馬場ならこちらを信頼したいところですね。ということで直前まで思いっきり悩もうかなというのが個人的な意見です。
あとはレインボーラインあたりも結構厄介な相手になってくるものの、流石に3000mはレインボーラインにとっては長いかなと思っており、さらに言えば、段階的に加速しがちな阪神競馬場内回りとなると、ミッキーロケット同様に出し切ってナンボのレインボーラインには合わないような気もしています。ということで、アルバートにとっても展開的には向いているレースだし、くどいようですが馬場状態が良なら本命かなと。あとは福永祐一騎手の仕掛けが遅くなりすぎてサトノクロニクルに追いつけなくなるといういうのが最高に怖いかなと。まあ、距離も距離だし、勝手にアルバートが反応してくれることを祈る感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春のG1がスタート!今週末は高松宮記念

いよいよ春のG1がスタートですね。

今年2勝目なるかミッキーロケット!今週末は中日新聞杯

中京競馬場芝2000mの戦いは今週末です。中日新聞杯に注目です。

サマー2000シリーズ最終戦!新潟記念

夏競馬も終盤戦!サマー2000シリーズ最終戦です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。