二日酔いの症状を起こす原因

二日酔いの症状にはさまざまなものがあり、また、その症状を引き起こす原因もひとつではないといわれています。一説には、二日酔いとは、身体からアルコールが抜けていくときの軽度の離脱症状としておこると考えられています。アルコールの離脱症状としては、以下のようなものがあります。

●脱水症状
アルコールを摂取すると、尿を出すことを促進するバソプレシンというホルモンの分泌が抑制されてしまいます。そうすると、体内の水分が尿として排出されて脱水症状になることがあります。


●体の炎症を悪化させる
体に炎症をおこしている部分があると、アルコールの離脱症状のせいで炎症が悪化することがあります。


●胃腸障害
アルコールは、胃の粘膜に刺激を与えます。刺激を受けた胃は胃酸を分泌し、胃酸過多になってしまうことがあります。

基本は水分補給

二日酔いにならないような飲み方をするのが一番ですが、もし二日酔いになってしまった場合は、以下のような対処法をとっていきましょう。

●しじみやあさりの味噌汁
しじみとあさりには、それぞれ二日酔いの症状緩和に効果的な成分が含まれているといわれています。

まず、しじみには、「オルニチン」というアミノ酸が含まれます。オルニチンは肝臓の働きを正常化し、二日酔いの症状を緩和してくれると考えられます。

次に、あさりには「タウリン」が含まれます。タウリンにも、肝臓の機能を正常化したり、アルコールの分解を促進したりする働きがあります。

●はちみつ
はちみつに含まれる果糖は、アセトアルデヒドを分解する作用があると考えられています。アセトアルデヒドは、二日酔いのさまざまな症状の原因とされています。

水分補給は様子を見ながら行おう

吐き気の強いときなどは、水分を摂取することで嘔吐を誘発してしまう可能性も考えられます。無理のない範囲で、水分補給を行いましょう。二日酔いになってから対処に焦るよりも、つらい二日酔いの症状を起こさないよう、お酒との付き合い方を見直すことも大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今が旬。フキの効果が凄い!?

日本料理では「春は苦みを盛れ」といわれますが、山菜の苦みは、冬の間に体にたまった老廃物を排出する作用があると…

夏はビールシーズン。枝豆を食べよう

お酒のお供に何気なく食べている枝豆・・・

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。