私たちの体の中にはウィルスや細菌などから体を守ってくれる免疫力が備わっており、その免疫力がウィルスや病気から体を守ってくれています。

風邪をひきやすいという人はこの免疫力が低いということ。

免疫力を高める事ができれば、身近にある風邪ウィルスや、怖いガンなどの病気にも負けない体を作ることができます。
そのための免疫力アップの手段として、今回は食べ物に注目してみました。

ヨーグルト

腸内環境を整える代表的なものといえば、ヨーグルト。菌を生きたまま腸内まで届ける事ができる機能性ヨーグルトを選んでください。

毎日食べ続ける事が大切で、だいたい2週間ほどで効果が期待できるでしょう。また、食後に食べると胃酸の影響も少なくヨーグルトの菌の生存率は高まり効果的です。

バナナ

ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれるバナナはヨーグルトとも相性がよくヨーグルトにトッピングして食べてもおいしいですね。

また、バナナは温めることもおすすめです。
温めることで甘味も20%増しになりおいしさもアップ!ぜひ試してみてください。

大豆食品

腸内の善玉菌はオリゴ糖が大好き。オリゴ糖を摂取する事で善玉菌はどんどん増やすことができます。

大豆の中に含まれる大豆オリゴ糖は、その善玉菌を増やしてくれる働きが強く積極的に摂り入れる事で腸内の善玉菌の増殖力がパワーアップ!

一日の安全な摂取量は上限を70~75mgと設定されています。

大量に摂取してしまうことで乳がん発症や再発のリスクがんを高める可能性もある一方、イソフラボンの作用は骨粗しょう症や、前立せんがん、乳がんの予防も期待できますので適量を意識して、毎日の食事に上手に摂り入れましょう。

免疫力が上がることでがんや生活習慣病の予防にもつながる

免疫力アップにつながる食材は案外身近にたくさんありますね。免疫力を高めることが出来る食材はがんなどの怖い病気の予防になるものが非常に多いです。

バランスよく体に摂り入れNK細胞を活発化させ、怖い病気にも負けない体を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

健康にもダイエットにも天敵なエンプティカロリー食品

ほどほどに食べるのはいいですが、そればっかり食べるのはやめときましょう。

五月病とは

五月病には気をつけよう

ご飯をお腹いっぱい食べると幸せですが、リスクがあった。

「腹八分目に医者要らず」「腹八分に病なし腹十二分に医者足らず」などのことわざがありますが、食べ過ぎの『腹十二…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。