抗酸化作用

かぶの葉には、βカロテンやビタミンCがたっぷり含まれていますが、これら栄養素には、体内に発生した活性酸素を減らしてくれる「抗酸化作用」の効果があります。

活性酸素は体内に必要不可欠なのですが、増えすぎることで身体に悪影響をもたらすことが分かっています。また、体内で自然に発生するものに加え、強い紫外線を浴び続けたり、タバコを吸うことで更に活性酸素の量が増えると言われています。そのため、日頃から抗酸化作用のあるかぶを摂取し、体内の活性酸素の量を減らしていくことで、ガンや生活習慣などの病気を予防したり、若々しい肌作り等の効果をもたらしてくれます。

胃腸の働きを整えてくれる

かぶにはアミラーゼと呼ばれる消化酵素が含まれています。
アミラーゼはジアスターゼとも呼ばれ、消化酵素の一種で、でんぷんなどの栄養を分解して消化を高める働きがあります。
そのため、かぶには胃や腸の働きを整える効能、胃もたれ、胸焼けを解消する効果が期待できます。
ちなみに、アミラーゼなどの消化酵素は熱に弱い特性があります。48度以上では加熱すればするほど酵素は失われてしまいますので、栄養をしっかりとるためには、加熱しすぎに注意しましょう。

解毒作用

かぶにはアミラーゼと呼ばれる消化酵素が含まれています。
アミラーゼはジアスターゼとも呼ばれ、消化酵素の一種で、でんぷんなどの栄養を分解して消化を高める働きがあります。
アミラーゼなどの酵素は、栄養の吸収を助ける働きがあるんですね。
そのため、かぶには胃や腸の働きを整える効能、胃もたれ、胸焼けを解消する効果が期待できます。
ちなみに、アミラーゼなどの消化酵素は熱に弱い特性があります。48度以上では加熱すればするほど酵素は失われてしまいますので、栄養をしっかりとるためには、加熱しすぎに注意しましょう。

骨の強化

かぶの葉には、根の約10倍のカルシウムが含まれており、この量は野菜の中でもトップクラスで、カルシウムが豊富な事で知られている牛乳の2倍以上も含有しています。
体内のカルシウムの約99%が骨に蓄えられています。つまり、カルシウムが不足してくると、骨がもろくなって骨折しやすくなったり、育ちざかりの子供であれば、うまく骨が成長しない事も考えられます。
かぶには、カルシウムの他にも、骨の形成に必要なビタミンKなどのビタミン類も多く含まれているため、骨を丈夫にするのには最適の食材と言えます。牛乳が苦手と感じる方は、かぶでカルシウムを摂取すると良いかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏になると無性にのみたくなる麦茶。麦茶の嬉しい効果とは。

普段なんとなく飲む麦茶。実はとっても身体に良いんです。麦茶の効果とは。

ゴーヤで夏バテ防止に

苦味がおいしいゴーヤ!

食べるなら腹八分目!?

「腹八分目に医者いらず」と昔から日本では言われていますよね。 それには理由があったのです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です