1イニング3打席

野球はスリーアウトで攻守が交代するスポーツですが、なんと1イニングに3回打席に立つというプロ野球史上かなり珍しい珍記録が生まれました。

それは2009年6月11日の出来事。
千葉ロッテマリーンズ対広島東洋カープでの試合で、当時千葉ロッテマリーンズに所属していた大松尚逸選手(現ヤクルトスワローズ)が成し遂げた記録である。

6回裏の千葉ロッテマリーンズの攻撃。チームでは国内最多となる1イニング20打者15得点と打線が大爆発。その回に大松選手が3回打席に立つというプロ野球史上初の珍記録が生まれました。
この回の先頭打者である福浦和也選手はこの回の途中、代走に出され、その次の打者であった大松選手のみがこの記録を達成。
大松選手はこの回だけで3打数1安打2打点と活躍したが、この回だけで2回アウトに取られている。もう一つのアウトは犠牲フライだったため、凡打のアウトは大松尚選手ただ1人とこれもまた珍しい珍記録である。

13球団から勝利

現在、日本のプロ野球はセリーグ、パリーグ合わせて12球団。
過去に全12球団から勝ち星をあげた投手は17名

【12球団勝利達成者】
(野村収氏、古賀正明氏、武田一浩氏、門倉健氏、吉井理人氏、工藤公康氏、久保康友氏、藤井秀悟氏、石井一久氏、杉内俊哉氏、グライシンガー氏、木佐貫洋氏、涌井秀章氏、寺原隼人氏、大竹寛氏、スタンリッジ氏、林昌範氏)

2005年シーズンからセ・パ交流戦が行われており、他リーグのチームとの対戦も多くなり、12球団達成者が増えている近年ですが、なんと上記の17名のうち、3名の選手が13球団から勝利を収めたことがあることはご存知でしょうか。
その3選手は、工藤公康氏、杉内俊哉氏、寺原隼人氏。

なぜ13球団から勝利を収められているかというと、2004年まで近鉄バファローズというチームが存在しており、オリックスによる吸収合併によって球団が消滅しました。その翌年から楽天ゴールデンイーグルスが設立され、現在の12球団となりました。

上記の3選手は近鉄バファローズからも勝利を収めているので、実質13球団から勝利を収めるという珍記録となりました。

代走満塁ホームラン

1977年6月13日にジャイアンツの松本匡史選手が達成した珍記録。

松本選手といえば、盗塁王2回、ベストナイン1回など獲得した足のスペシャリストで、1983年には盗塁数76回を記録。この盗塁数は未だ破られていないセリーグのシーズン最多盗塁数である。

1977年は松本選手の入団1年目のシーズン。
6月13日の大洋ホエールズとの1戦で、9回表のジャイアンツの攻撃時に松本選手が代走として試合に出場。味方のタイムリーヒットでホームインすると打線が爆発し、松本選手の打順に。
満塁のチャンスで松本選手はまさかの満塁ホームランを放つという珍記録を達成。代走で出場した選手が同じ回にホームランを放ったのはこの1例のみ。

余談ですが、松本選手の応援歌「青い稲妻」は現在でも歌われている名応援歌である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

広島カープ3連覇への道 Vol.48 〜5/31 西武ライオンズ戦〜

、、、、、情けない。。。すみません、今日は言わせてもらいます。 味方エラーも2つ絡み集中が切れてしまったとい…

花咲徳栄3連覇!高校野球埼玉大会決勝戦を振り返る!

徳栄が圧倒というより、浦学の自滅でしたが・・・

前橋市にある高校野球強豪校

群馬県前橋市にある高校は、記録にも、記憶にも残る野球の強豪校が多いです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

カメレオン

よろしくお願い致します。