「ピーマン」が子供に嫌われる理由

「ピーマン」といえば、子供が嫌いな野菜というイメージが強いですが、実は哺乳類の中でピーマンを食べるのは人間くらいで、人間の子供だけでなく、牛や馬、ヤギや羊もピーマンを嫌がって食べないそうです。

「ピーマン」の苦みはアルカロイドという成分で、これは天然の毒で、薬や麻薬などにも使われています。毒と聞くと心配になりますが、ピーマンのアルカロイド含有量はごく微量なので、通常食べる分には全く問題ないそうです。

また、「ピーマン」のアルカロイドは油に溶ける性質があるので、油で炒めたりすれば苦みを和らぎます。また、切り方によっても苦みを変わるようで、横に切ると苦みや匂いが強く出て、縦に切ると苦み、匂いが和らぐそうです。

苦みは動物にとって毒かどうか判断するひとつの指標であり、動物は「苦み=毒」と見なし、苦みのある植物を避ける本能があるそうです。子供の味覚にも、毒物を本能的に避ける鋭敏さが備わっていて、ピーマンの苦さを毒と判断し、嫌いな理由となるそうです。しかし、大人になるにつれて、味覚がだんだん鈍感になり、苦みを感じなくなるそうです。

栄養は凄い!「ピーマン」

今では年中、売っていますが、ピーマンは夏が旬の緑黄色野菜。ビタミンAとビタミンCが豊富で、ビタミンAはトマトと同じくらい、ビタミンCは、含有量が多いと言われているレモンの2倍近くも含まれているんです。

これらのビタミンは、細胞の働きを活性化してくれるので、夏バテを防いで、疲労回復を助けてくれるので、夏風邪の予防にいいそうです。

またビタミンCは脂肪の代謝を促し、血中の脂肪を取り除いてくれたり、美容効果やアンチエイジング作用もあるので、シミ・ソバカスを予防したりすることにも効果があります。抗酸化作用もあるにで、成人病予防にも効果があります。

ビタミンは熱に弱いが、「ピーマン」は熱で栄養がアップ?!

ところで、野菜などに含まれているビタミンは熱に弱いと言われていますが、「ピーマン」は生で食べると苦味がきついですよね。でも実は、熱に強いビタミンがあり、それが脂溶性ビタミンです。ビタミンは、脂溶性のものと水溶性のものに分類され、ビタミンA、D、E、Kなどは脂溶性で、熱に強く、油と一緒に炒めることで、生食よりも吸収しやすくなる特徴があります。「ピーマン」はビタミンAやDを多く含むので、炒めものにいいんです。

しかし、ビタミンB類やビタミンCなどは水溶性で、水に長時間さらしたり加熱したりすると、栄養分が損なわれてしまいます。しかし、「ピーマン」には、ビタミンCを熱から守ってくれるビタミンPが含まれているため、熱に弱いビタミンCも十分に摂取することができるんですね。

つまり、ピーマンは、加熱しても栄養が損なわれないばかりか、加熱することでビタミンの吸収がよくなり、効果がパワーアップする野菜なんです。肉詰めや肉野菜炒め、青椒肉絲など、肉類や脂分と一緒に加熱する料理は美味しいだけじゃなく、栄養も抜群なんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

11月7日は鍋の日!!

冬になると鍋を食べたくなりますよね!! 実は11月7日は鍋の日なんです。 今日は美味しい鍋を食べましょう。 …

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。