今や1番人気のプール?

今回は運動効果が期待できて、健康維持には欠かせなく人気再沸騰のプールエリアでのマナーについて元フィットネスインストラクター、トレーナーの私と再確認しましょう。最近ではスタジオ以上に盛り上がってる店舗や、アクアビクスの盛んな店舗も多く私も今更ですがアクアビクスに再注目してるくらいです。今からでも再指導やる価値もあるかなと冗談で思う位プールの運動効果は魅力です。スポーツクラブのプールでは、レーンごとに泳ぎ方、歩く等利用方法が決められている場合がほとんどで、正確に言うとまずは大きく、普通に泳ぐレーンとウォーキングレーンに分かれていて歩くレーンで泳ぐのも迷惑ですし、泳ぐレーンで歩かれても迷惑になります。上級者と初心者のレーンが分かれていたり、一方通行レーン、往復可能の遠泳レーンが用意されたりしますのでご自身のレベルや無理ないペースで選んで泳いで下さいね。

最低限のマナーではあるが

上級者や経験者は前の人が遅くてペースが乱れイラっとするかもしれません。ですが強引に追い越す追い越すのは辞めましょう。気持ちは分かりますが、モラルや人間性もですがそれ以上に怪我の危険があります。水しぶきで周りが見えなく足で顔を蹴ったり蹴られたりなどの事故が起こるかもしれません。事故以上に皆さん気にされるのは衛生面ではないでしょうか。まずスポーツジムのプールでは、水泳キャップをかぶることが必須です。かぶってなかったら監視スタッフが追いかけて来ますよー。不特定多数の方が利用します。髪の毛が落ちてたら嫌ですよね。同様の理由ですがもちろんポマード、今はいないか(笑)などの整髪料やお化粧は洗ってから入水しましょう。厚くてお化粧落ちませーんと言う女性の方も大丈夫。充分スッピンでも綺麗ですよってプールサイドで口説きますから。あ、いらないですね (笑)

種目

クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライが代表的な泳ぎですが、スポーツジムのプールでバタフライをする際は周りに気をつけたり、混雑状況だったり、スタッフに確認しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

開港150年!異国情緒溢れる港町『神戸』

言わずとしれた港町『神戸』をご紹介!

アウトドアの季節!おススメアイテムのご紹介です!

こうも暖かい日々が続くとアウトドアに行きたくなりますよね。 そこでアウトドアアイテムのご紹介をいたします。

本番はこれから!!8月大人気の花火大会

7月中は忙しくて中々行けなかった花火大会。 お盆休みもあるし、そろそろ予定立てちゃお! 仲良しの友人を誘って…

1家族一回限りの無料サンプル請求