コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10(CoQ10)は学名「ユビキノン」と呼ばれるビタミン様物質で、一種の脂溶性の物質であり、食品にも含まれている栄養価です。
体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てに関わっています。人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%にあたる細胞内にあるミトコンドリアに、コエンザイムQ10は多く含まれており、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。
そのため、コエンザイムQ10は体の各部の機能を維持し、イキイキとした生活を送る上で欠かせない成分ともいえます。

そんなコエンザイムQ10ですが人間の体のなかでも作り出されているのですが、その数には限りがあるので、やはり体外から摂取する必要があると言えます。
しかし、食品からの摂取では十分なコエンザイムQ10は摂取できないため、
サプリメントを摂って補う成分でもあります。

コエンザイムQ10の効果

【抗酸化効果】
金属は年月の経過とともに錆びついていきます。
それと同様に人間の体も錆びついてしまいます。。
具体的にいうと「酸化してしまう」と言った表現になります。
この原因となるのは活性酸素という悪性の物質で、細胞やDNAを攻撃して老化を促進させてしまいます。
結果的に活性酸素はガンや生活習慣病、肌の劣化などを引き起こしてしまいます。
コエンザイムQ10はこの活性酸素の攻撃を防ぎ、悪影響を抑制してくれるのがの持つ抗酸化作用があります。

【美容とアンチエイジングに】
上記の通り、抗酸化作用によって美容とアンチエイジングの効果を得ることが出来ます。
具体的には、肌のターンオーバーが促進されて古い肌から新しい肌への生まれ変わりが促されるのです。
シミやシワ、日焼けやたるみなどを解消して、若々しく潤いのあるツヤ肌を手に入れることが出来ます。

【疲労回復に効果】
年齢を重ねるにつれて身体が疲れを溜め込みやすくなってしまう傾向がありますが、それはコエンザイムQ10が不足し始めているということが大きな原因のひとつ。
これをサプリメントから摂取することによって、疲れにくいイキイキとした毎日を送れるようになります。
免疫力も向上するので、インフルエンザや風邪などのウイルスを防ぐのにもオススメです。回復力も高まります。

【心機能の向上】
コエンザイムQ10には心臓の機能を高めるという効果もあります。
そもそもCoQ10の本来の使用用途は心臓病の治療薬でした。
具体的には鬱血性心不全などの症状に効果を示してくれます。
心臓のポンプの役割が正常化するということから、不整脈をはじめ、低血圧から引き起こされる各症状にも薬効があります。

【肥満解消に効果】
メタボリックシンドロームが大きな注目を集めているということもあり、ダイエットは国民的な関心事と言っても過言ではないほどのものとなっています。
しかしながら、ダイエットは少し方法を間違えると逆に健康を損なうことも有り得ます。
大切なのは、無理な食事制限などに頼らず、正しい方法で行う事。 運動や栄養バランスの管理をしっかりと行いましょう。
コエンザイムQ10にはカロリーの燃焼を促進する効果があるため、ダイエットにも活用できます。

コエンザイムQ10の摂り方

コエンザイムQ10は必須栄養素ではないため、1日の摂取目安は設定されていません。体内で合成することができますが、加齢とともに合成量が低下していくため、疲れやすくなったりすることがあります。疲れやすさを感じるようになったらコエンザイムQ10を摂取するといった感じで摂るといいでしょう。

そしてコエンザイムQ10は体内で吸収されにくいと考えられているため、吸収されやすいような構造のものを利用したサプリメントを選ぶようにしましょう。包接体コエンザイムQ10や還元型コエンザイムQ10がそれに該当します。
コエンザイムQ10の抗酸化力をさらに高めるためには、ビタミンEとともに摂取するのも有効です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

かぼちゃに注目です

特にカボチャは煮物にしたりスープにしたり、パイなどのお菓子にも使えるため、普段の食事に取り入れやすい野菜です…

しその力

独特の香りが食欲を増進させる和ハーブのしそ。 しそは、香味野菜の中でも人気があり、多くの料理に付け合わせとし…

ハーブティーで集中力アップ!?

仕事や勉強などは、集中して短時間で効率よく成果を上げたいものです。 香りにリフレッシュ効果のあるものや、清涼…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。