先月開幕したJリーグは先週、全国各地で2節が行われました。応援している清水エスパルスを中心に私なりに全試合まとめてみたいと思います。

浦和レッズ対セレッソ大阪

浦和レッズにとってホーム開幕戦となった今節。昨シーズンJ2の4位でプレーオフを勝ち進んだセレッソ大阪を迎えました。浦和レッズは開幕戦、横浜F・マリノスとの一戦で一度は逆転したものの再逆転を許して敗戦。一方セレッソ大阪はジュビロ磐田と戦い、スコアレスドローでした。それでは試合の詳細です。

スコア以上に内容は圧倒

結果から申し上げると3-1で浦和レッズが勝利を納めました。前半に武藤選手と興梠選手のゴールで2点を先制すると負けじとラファエル・シルバ選手もゴールを奪って3-0。その後1点を返されたものののほとんどボールをキープしてセレッソ大阪を寄せ付けませんでした。セレッソ大阪としてはJ1復帰後初勝利はお預けとなりました。次節は浦和レッズがヴァンフォーレ甲府と、セレッソ大阪がコンサドーレ札幌との試合になります。

ヴァンフォーレ甲府対鹿島アントラーズ

開幕戦で強豪ガンバ大阪に引き分けてアウェイで貴重な勝ち点1をもぎとったヴァンフォーレ甲府。今節は昨シーズンのJリーグ王者、鹿島アントラーズです。ヴァンフォーレとしては開幕戦は終了間際に追い付かれてしまったので引き分けたというよりは勝ち点3を逃したというべきでしょうか。一方鹿島アントラーズはFC東京との対戦。ともに大型補強を敢行したチーム同士の対決で世間からも注目されていましたが、結果はオウンゴールでFC東京がゴールを奪い、そのまま決着となりました。それでは2節の内容です。

大きすぎたPK失敗の代償

前半は昨シーズンの王者相手に互角にやりあってたヴァンフォーレ甲府。後半からはやや疲れも見え始めて、徐々に鹿島がペース握り始めると後半13分、レオシルバ選手のゴールで先制。そのまま逃げ切りました。終了間際にヴァンフォーレはペナルティエリア内でファールをもらい、PKの絶好のチャンス。キッカーはウィルソン選手です。決めれば同点、強豪相手に二週連続で引き分けというわけでしたが、悔しい敗戦になりました。次節はヴァンフォーレ甲府は、浦和レッズと。鹿島アントラーズは横浜F・マリノスとの試合です。結果をお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

三都主アレサンドロ対WASSEのテックボール対決が実現!

第二回目を迎えた駿河屋サッカー教室に、テックボール日本代表選手のWASSEも講師として参加し静岡のサッカーの…

リアルサッカーとゲームサッカーを連携させるイノベーションで新たなサッカー体験を。ad…

アディダス フットボールは、EA SPORTS FIFA Mobileのアプリと連動するタグを備えたインソー…

Jリーグから3チームが決勝トーナメントへ!ACL

ACL16強が決定!日本からは3チームが決勝トーナメントへ挑みます。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

kenshirou

元気いっぱい、夢いっぱい、今年こそ昔の自分を取り戻します!