プロ野球背番号列伝第2弾。
今回は『51』にスポットを当ててみました。
背番号は、若い番号の方がチームの主力や、期待されての入団的な雰囲気が昔はありました。今でもそうかもしれません。
その中で、『51』この背番号は、ある選手の登場で一気に価値を上げた番号ではないでしょうか。

日本が誇れる『51』イチロー

背番号『51』
この番号を高みに上げた最大の功労者でしょう。説明は不要のイチロー選手が、この番号の代表選手ですね。
一気に注目を浴びたのは、1994年のシーズン。
オリックスに所属していたイチロー選手は、このシーズンから登録名を鈴木からイチローに変更。
このシーズンは、Jリーグ元年の翌年のシーズンで、それまで公園・運動場で野球をしていた子供たちが、サッカーをするようになりだし、野球人気が落ちていくことに戦々恐々としているなか、プロ3年目のイチロー選手が大活躍をして、メディアの注目を浴び、そのまま当時の年間最多安打を達成しました。
プロ野球にとっては新たなニュースターの登場となりました。
その後も日本・メジャーで大活躍をして、今シーズンもメジャーの舞台でシーズンを迎えます。

神ってる男鈴木誠也~広島カープ~

プロ4年目の昨シーズンに大ブレイク。イチロー選手と同じ外野手・背番号に、そして同じ名字と、何かそんな星のもとに生まれたのかと思ってしまいます。
そして、鈴木誠也選手の大活躍から生まれた『神ってる』は流行語大賞になりましたね。

高校は東東京の二松學舍大学附属高校。投手として活躍しますが高校での甲子園出場はありません。打撃では高校通算43本打っています。その打撃と走力を買われて、広島カープにドラフト2位で入団しています。当初は内野手でしたが外野手に転向しています。

背番号51は、「(本名の姓が自身と同じで、プロ入りを機に投手から外野手へ転向した)イチローを目指して欲しい」という球団幹部の希望で、「51」になっています。
今回のWBCでも代表に選ばれており、今後のさらなる活躍に期待です。

ネクストブレイクなるか?上林誠知~ソフトバンクホークス~

ソフトバンクホークスの背番号51は、上林誠知選手です。今年がプロ4年目となり若い選手です。
個人的に次にブレイクするだろうと思っている野手です。

高校は仙台育英高校。甲子園にも出場していますね。
ルーキーイヤーは三塁を守っていましたが、2年目からは外野手で登録されています。
2年目のシーズンは2軍で88試合に出場し、リーグ最多の103安打と16盗塁。およびリーグ最高の打率.343を記録し、ウェスタン・リーグの首位打者、最多盗塁、優秀選手賞、殊勲賞、新人賞、期待賞を受賞したいます。

昨シーズンブレイクするかなと思いましたが、1軍の壁に跳ね返されたシーズンでした。
ホークスの外野は、内川・柳田・中村選手の他にも、長谷川・福田選手も控えており、層は厚いですが、その層を打ち破ってブレイクを期待したい選手です。

関連するまとめ

野球のウィンターリーグってどんなとこ?

ウィンターリーグとはそもそもなんなんでしょうか。

野球から生まれた流行語Part4

これまで大賞に選ばれた言葉を紹介してきましたが、今回は大賞以外の賞で選出された言葉をご紹介します。

関連するキーワード

中山葵

スポーツ全般大好きです。
球技は特に大好きで、バスケをよく観戦しています。
今までスポーツは観る専門でしたが、これからは色んなスポーツをやっていきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?