自動昇格を狙う各チーム。残り5試合にすべてをかける!!

J1リーグと異なり、J2リーグは年間を通した1リーグ制になっており、上位2チームにJ1への自動昇格の権利が与えられます。3位から6位のチームは昇格プレーオフを行い勝ち抜いたチームに昇格の権利が与えられます。残り5試合となったリーグ戦。徐々に可能性のあるチームが限られてきました。数字的な可能性としては現在6位の京都サンガF.Cまで残されていますが、現実的には4位のセレッソ大阪までなのかと個人的には感じています。コンサドーレ札幌は1つ抜け出しているので自動昇格枠には入ってくるかと思います。残る1枠を争う3チームについてまとめていきます。

松本山雅F.C

現在2位の松本山雅F.C。熱狂的なサポーターに支えられて、負けないサッカーを繰り広げています。リーグ戦に限って言えば7月20日のコンサドーレ札幌戦以来、敗戦がありません。首位コンサドーレ札幌との差を6に縮めながらも、3位清水エスパルスとの差は3差となっており、追いつ追われつつの順位になっています。残り5試合のうち3試合をホームで戦えるというのも強みかと思います。逆転優勝を狙いつつ、2位の座はキープしてリーグ戦を終えたいですね。

清水エスパルス

現在3位の清水エスパルス。シーズン後半戦だけの成績で見ると首位にたつ清水エスパルス。前半戦は不安定な戦いも目立ちましたが、戦術が浸透して安定感のある戦いができるようになってきました。現在安定感ではJ2で屈指です。ただ、首位コンサドーレ札幌戦や2位松本山雅F.C戦で手痛い敗戦。前半戦から課題だった上位チームに勝てないという点が克服されませんでした。松本山雅F.Cに敗れた次の試合が当時3位につけていたセレッソ大阪でした。この試合でも80分をすぎても0-1で敗戦濃厚なムードの中、終了間際の2得点で逆転勝ち。この試合の結果もあり、先日ついに3位に浮上しました。次節の結果次第では2位浮上と今の勢いそのままにJ1自動昇格をつかんでもらいたいですね。

セレッソ大阪

現在4位のセレッソ大阪。長らく松本山雅F.Cのあとをつけ、3位をキープしていたセレッソ大阪ですが、前節モンテディオ山形とホームで引き分けてしまい、清水エスパルスに交わされて4位になってしまいました。2位松本山雅F.Cとの勝ち点差は4とまだまだ可能性はあります。上位2チームの結果次第にはなりますが、勝ち続けて上位にプレッシャーをかけたいところですね。

関連するまとめ

私の好きな清水エスパルスの応援 その2

前回大好評だった応援紹介シリーズの第二弾。さっそく参りたいと思います。

【ビクトリノックス x 川崎フロンターレ】キャンペーン 2019年明治安田生命Jリー…

ビクトリノックス・ジャパンは、プロサッカーチーム 川崎フロンターレの Jリーグチケットプレゼントキャンペーン…

サッカーの”育成型”期限付き移籍とは

期限付き移籍は知っていても、“育成型”の期限付き移籍があるのはご存じですか。ご紹介いたします

関連するキーワード