ダイエットには太り方によって痩せる方法も違う!

一言でダイエットと言っても色々な手段があります。
例えば、一品食品を置き換える方法でカロリーを抑えて痩せる方法や、運動をして痩せる方法など様々です。
では、そんな食事や運動からでも痩せる事ができないのはなぜでしょうか。それは痩せる方法が間違ってるからです。

痩せにくい部分と言えば、太ももなど足ですが、これは食事や運動では痩せるのには限度があります。
運動をしてる人でも筋肉がついてその上から脂肪がついてると決して細くはなりません。

細くなる方法としては、その固くなった脂肪を揉み解すという方法が一番効果的なのです。
それは、運動していたら脂肪が固くなるだけで逆に太くなる恐れがあるので気を付けないといけません。
揉み解す事で余計な老廃物が排出される事により足が細くなるのです。

このように太り方によってダイエットの方法も違うのです。

長期ダイエットが苦手な人は短期で勝負!

様々な痩せる方法があるのと一緒で、効果が出るにも期間がそれぞれ変わってきます。
途中でいつも妥協してしまう人には短期間で勝負をしましょう。

短期ダイエットの中に塩抜きダイエットがあります。
これは、3日間限定のダイエット法でそれ以上はできません。
その方法は3日間塩を抜くというものですが、人の体には古くなった塩分が体の中に溜まっています。
この老廃物が溜まり太る原因ともなるのです。

しかし、塩を抜く事により古くなった塩分が使われ、排出される事により痩せる事ができるのです。
塩分が多すぎると足はむくみ、代謝の悪い体質になりますが、塩を抜く事によりむくみはとれ、老廃物が排出される事により痩せやすい体質に変わるのです。

人にとっては塩分はなくてはならないものなので、3日間というルールをきちんと守って行いましょう。

8時間ダイエットでストレス知らず!

食事制限で痩せる方法の一つに8時間ダイエットがあります。
これは、8時間食べて、16時間は何も食べない!水分だけという方法です。

この16時間で食べない間に胃などを休め、溜まった脂肪を燃焼してくれるという事で痩せるのです。

例えば、朝食を抜けて12時に昼食を食べ、20時までに夕食を食べるという風に自分に合った方法で行う事ができます。
これは、朝食を食べない人にとっては始めやすいダイエット法ではないでしょうか。

そして、今まできちんと朝食を食べていた人にとっては最初はお腹が減りますが、朝食分のカロリーが抑えられる事により痩せる効果が早めに出るので続ける意欲が出てきます。

一つ気を付けないといけないのは、8時間の間は好きな分だけ食べて良いと言ってもカロリーを取り過ぎたりすると当然の事ながら痩せるどころか逆に太るので気を付けないといけません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエット中でも食べれる炭水化物!?話題のキッチャリークレンズとは??

秋の味覚が美味しい時期になってきました。食べないダイエットは身体に悪い。けど何を食べたら太らないの??そんな…

1628

欧米ではデビルフィッシュと呼ばれているタコ。正月の食卓にもでてくるタコ。タコの効能と…

欧米では「デビルフィッシュ」と呼ばれて少々敬遠されているたこですが、日本の食文化には深く浸透してきました。 …

冬に体を温めてくれる生姜の効果とは?

冷えとり(冷え性の改善)食材の代表選手とも言える存在の生姜。日本でも昔から臭み消しの香味野菜(薬味)をはじめ…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。